★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

火事

2014年7月15日【火】19時34分04秒
ゲームをしていた。
フレンドと共に敵を倒すゲームで、一度ゲームを始めるとクリアまでは身動きがとれない。
もしもゲーム中に来客があっても、私は無視する。
当然の対応だ。
しかし今日の出来事は、無視しようにもできないものだった。
梅雨明け間近の夕方、気温は25度を下回り、久しぶりに過ごしやすい。
風呂上がりの後、私は窓を開けて換気扇を回し、部屋にこもった熱気を外に出していた。
快適なゲーム環境。
外からパチパチと音がするが、ヘッドフォンをしてゲームをしているので、多少気になってもそれも無視だ。
さて、ゲームは大詰めボス戦。
ただ此処からが長いのがこのゲーム。
しかも頭も使うし、失敗が許されない。
集中力が必要だ。
私はゲーム以外の全てから意識を排除しようとした。
そんな時だった。
部屋に少し白い煙のようなものが確認できた。
更に、何やら匂いもする。
私はドキッとした。
もしかして、これは火事ではないか?
それでもゲームの操作は無視できない。
みんなに迷惑をかけるわけにはいかないからだ。
しかしこの状況、流石に私も焦りがでてくる。
ウロウロしながら、必死に匂いの元を探す。
部屋の中からではないようだ。
そらそうだ。
我が家には火の気など一切ない。
外についている湯沸かしくらいだ。
では外で火事が?
窓付近に行くが、それらしいものは確認できない。
犬が吠えている。
もしかして何かあるのか?
ゲームが邪魔だ。
ちらちらとモニターを見ながら、最低限の操作をする。
そこで気が付いた。
よく考えたら、これはタブレット。
常に電源コードを繋げてはいるが、切断すればどこでも移動できるではないか。
私はようやくベランダに出て、しっかりと外を確認することができた。
特に何もなかった。
犬も飼い主と遊んでいるだけだった。
それでは先ほどの煙のようなものはなんだったのだろうか。
部屋の中は、もう煙たさはない。
そういえば、さっきパチパチと音がしていたような気がする。
もしかして、花火か何かだったのだろうか。
それでもここは3階、窓から煙が入ってくるものなのだろうか。
とりあえず、火事ではなかったようなので良かった。
だけど、原因が分からないと不安である。
火事は怖いからね。
今日はもしかしたら、熟睡できないかもしれない。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト