★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

Tシャツとハンカチ

2013年11月12日【火】15時25分56秒
かなり長く生きている私が、買ったことがない物がある。
それが『Tシャツ』と『ハンカチ』だ。
別に使っていないわけでもないし、Tシャツは裸以外の時にはずっと身につけているものだ。
実家から出る時、私は十枚ほどのTシャツを母親から渡され上京してきた。
ハンカチも、プレゼントや景品で当たった物が数枚程度あったので、それをローテーションして使っていた。
その後も、旅行に行ってきたからとTシャツを貰い、福引でハンカチが当たり、誕生日にプレゼントで貰い、そんなことをしていたら、Tシャツもハンカチも減るどころか、増える一方だった。
私自身も、使えなくなるまで大切に使う方なので、そうそう新しいものを必要としなかった。
こうして、社会に出てから二十年以上、私はTシャツもハンカチも買う機会にめぐりあっていない。
流石にこの年では、お土産も、福引も、プレゼントも、貰う機会が大幅に減ったので、総数は減ってきている。
でも調べてみたら、Tシャツはまだ十枚以上新しいものがあるし、ハンカチも同じくらいある。
もしかしたら私は、死ぬまでTシャツとハンカチを買うことなく、人生を終えるのだろうか。
Tシャツやハンカチを買う行為が幸せの一つであるかは疑問だが、なんとなく焦燥感に浸らずにはいられない気分になった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト