★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【お題シリーズ】シャープペンとは※私にとって何?

2015年12月19日【土】10時41分24秒
シャーペン。
昔はなかったわけだが、私が小学生の頃一気に普及した。
それまでは普通の鉛筆、又はロケット鉛筆を使っていたと記憶してる。
鉛筆を削る必要が無い、これはとても素晴らしかった。
筆箱の中がいつも綺麗になった。
数を減らせるのでスッキリした。
ずっと細いままなのでノートをとるのが楽しくなった。
いや、私はそれでも大して変わりは無かったんだけどね。
むしろ遊び道具になった。
授業中前の友達の首筋めがけてシャーペンの芯を少しだけ爪で折ると、それが首筋に飛んでチクッとした痛みを与える。
そんな事をしていたように思う。
でもそんなシャーペン、実は万能でも無かったな。
なんだかんだ芯が削れて、文字が太くなるんだ。
それで癖になったのが、少しシャーペンを回す事。
本当に無意識だったんだけど、今でもその癖は残っている。
私にとってシャーペンは思い出かもしれないな。
今も小学生時代に使っていたシャーペンが残っているが、それを見るたびに思うんだ。
このシャーペンは、好きな子とおそろいだったと。
偶々なんだけど、同じシャーペンを愛用していたんだよね。
うん、やっぱり私にとってのシャーペンは、思い出だな。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト