★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【お題シリーズ】ベッドとは※私にとって何?

2015年12月13日【日】19時16分41秒
ベッドで初めて寝たのが‥‥いつだっただろうか。
多分中学生だったか、いや、小学6年生の頃だったかもしれない。
子供の頃は兄弟3人、同じ部屋に布団を並べて、川の字になって寝ていた。
夜中に布団を取られたり取り返したり、朝も同じ所で寝ているのは冬くらいだったろうか。
全然違う所で寝ている事も多々あった。
ある日我が家にベッドがやってきた。
部屋も兄弟みな同じだったので、ベッドは自分だけの初めてのエリアであり、それが与えられた事に大いに喜んだように思う。
ただ、もう記憶にはほとんどない。
ほんの少し残っている程度だ。
覚えているのは、ベッドで泣いている所。
あれは確か欲しかったものを買ってもらう予定が、別のものが欲しくなって変更してほしいと言った時だと思う。
そしたらまあ、親もコロコロ欲しいものを変えられては困るわけで、もう買わないとかなんとか言われたんだっけかな。
それで私はベッドで泣いていたんだ‥‥
ベッドの記憶なんて、それ以外に思い出せない。
ベッド以外、家の内装とかは思い出せてきたんだけどね。
ベッドとは。
私にとっては、自分だけの初めての場所であり、そして自分が自由でいられる場所と言ったところか。
今ではほぼベッドが生活空間。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト