★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

不満

2016年1月6日【水】10時31分19秒
不満ばかり口にする人は自分を見つめなおすべきだ。
努力が足りない、又は全くしていない人が言う事が多い。
そんな風に考える人は結構いると思う。
だったら言うだけではなく何かをしろと思うかもしれない。
うん、確かにそう思う事も多いし、実際それに当てはまる人も多いように見えるから否定はしない。
でも最近、全く逆の場合もあるんだと分かってしまった。
私はなるべく不平不満を言わないようにしてきた。
不平不満が多いのは、他人への感謝が足りないとか、そういう気持ちもあったからだ。
みんな頑張っている。
それに対して感謝の気持ちが有れば、不満なんて口にできない。
今もその気持ちはあるが、言うべき時には言わなければならないし、そしてそれは本気で考えているからこそ言えるのだという事が最近分かってしまった。
私はいくつかゲームをしている。
本気で取り組んでいるものも有れば、適当に遊んでいるものもあるわけだが、不満を口にしてしまうのは、本気で取り組んでいるものだけなのだ。
それを自覚すると、何も努力をせずに政治家に文句だけ言っている某団体の気持ちも分かってくる。
自分たちの利益の為に、本気で政治を変えようとしているのだ。
なんと単純な事か。
不満を訴える事でしか解決できない事は、文句を言う事そのものが努力だったのだ。
裕福な生活をするために、人は努力して仕事を成功させようと頑張る。
自分の希望を叶える為に、努力して不満を訴える。
違いはどこにあるのだろうか。
他人の行動や決め事に対してそれを否定するしない、或いは他人を直接否定するかしないかはあるにしても、結局今の社会システムの中では大した違いはない。
私は以前、私の勝ち取った権利を、文句一つで奪われた事がある。
それ以来益々文句を言う事、不満を口にする事を否定的にとらえていたが、文句を言う事も彼なりの努力だったのだと考えると、仕方が無かったのだと、そう思う。
流石にその行動が素晴らしいとか、肯定的にとらえる事はできないけれど、不満があるのなら口にしてもいいのではないだろうか。
少し考え方を変えようと思う。
一生懸命生きているからそこ不満を口にするのだと。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト