★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

2016年4月24日【日】15時06分14秒
私は弱い人間である。
優しいと言う人もいるが、ただ弱いだけで優しくもなんともない。
ただ嫌われたくないだけだ。
そしてヘタレで小さな人間だ。
でも、だからこそ多くの人の気持ちが分かり、多くの人の事を尊敬できるのは、決して駄目な事ばかりでもない。
私にしか見えない世界がある。
おそらく私をよく知る人が私を評価したら、完全に評価は二分すると思う。
良く評価する人と悪く評価する人。
良く評価する人は私のうわべだけを知る人で、悪く評価する人は私の中身まで知っている人。
つまりそれは、私はどちらに見られる気持ちもようく知っているという事だ。
だからこそどちらからも見る事ができる。
私は小さい人間に生まれて良かったと思っている。
人間は蟻の動きを意識しないが、蟻からは人間の動きが細部まで見える。
世界は広い方が面白い。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト