★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

蚊3

2015年6月10日【水】15時30分15秒
二日前、部屋で蚊を発見した。
なんとか駆除しようと努力したものの、注意している時に限って奴は姿を現さず、結局放置したまま眠る事となってしまった。
しかし今の私には余裕があった。
再び耳せんをして眠っているので、不快な音は聞くことがない。
血を吸うなら吸いやがれという気持ちだった。
次の日、顔の一部に蚊に刺されたような形跡が有ったが、そんなに大したものではなかった。
蚊では無い可能性も考えられる程度のものだったので、もしかしたら蚊はいなくなっているのかもしれないと思った。
何度か叩いて、その後姿が見えなくなっていたから。
それですっかり蚊の事など忘れてしまっていた本日、奴は突如現れた。
私の視界、右下辺りに。
とっさに左手で叩くと、右肩の辺りにへばりついてお亡くなりになっている蚊がいた。
左手でつまんでみると‥‥
見事に指先が血まみれになった。
此処まで血を吸われたのは久しぶりだ。
せっかくなので、上手く部屋から出て逃げてくれていればと思った。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト