★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

心理テスト

2012年2月7日【火】18時47分38秒
あなたは、誰かの為に死ねますか?
愛を確認する手段として、そんな質問が考えられる。
と言うか、そんな事を言う人がいる。
だからまあ、俺も色々と考えてみた。
まずは家族から。
・・・
死ねないでしょ?
どう考えても。
では次に・・・って、それ以上の人っているのかな?
昔だったら、「お国の為に」なんて言って、命を投げ出した人が多々あったと伝え聞く。
日本の為?総理大臣の為?天皇の為?
いや、死ねないでしょ?
じゃあ、俺は男だから、好きな女の為だったらどうだろうか?
・・・
いややっぱり死ねないでしょ。
そもそも自分が死んでしまったら、人を守っても意味があるのだろうか?
では、考え方を変えてみよう。
一番好きな女を守る為に、不本意だけど命を落としてしまったら。
・・・
自ら死ぬのは怖いけど、そうなってしまったらなったで、格好良いかもな。
うん、それなら良い。
では、他の人も考えてみよう。
すると、10人ほど当てはまる人がみつかった。
全てが好きな女の子だ。
この子達の為に死ぬことはできないけど、死んでもまあ良いと思える。
これは一体どういう事だろうか。
俺は浮気者で、気が多いダメダメな奴なのだろうか?
誰か教えてください。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト