★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

2012年2月7日【火】18時47分49秒
私には癖がある。
それは、コートのポケットに手をれる事。
これくらいは、誰もがやる行為であり、癖ではない。
更にその先・・・
たとえばコンビニで買い物をしたら、必ずレシートを貰うだろう。
それをポケットに押し込んで、そのまま手も入れっぱなし。
すると手はポケットの中で、レシートをちぎり始める。
これが私の癖だ。
気がついたら、コートのポケットの中は、いつも紙くずでいっぱいだ。
まあそれは、気がついた時にゴミ箱へ捨てるから、特に問題はない。
いや、無いはずだった。
あの日は、酔っぱらっていたんだよ。
飲んだ後、みんなでワリカンにして。
酔っぱらって、一万円多く出してしまった私に、仕切っていた友人が、私に一万円を返してくれた。
普通あくどい奴なら、そのまま貰うだろう。
それでも私はきっと気がつかないのだ。
しかし優しい友人は、ちゃんと渡してくれた。
財布は既にしまっていた私は、コートのポケットの中に、一万円を押し込む。
もうおわかりだろう。
先ほど、ちぎれた紙くずを捨てようと、ポケットから物を取り出したら・・・
明らかに一万円だったものが・・・
ああ、頑張ったさ。
繋ぎ合わせられないだろうかと。
無理でした。
他の紙くずも一緒だし、なんせもう粉のようにちぎれているのもあるから。
私は思いました。
この癖はなおそうと。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト