★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

心得

2015年12月27日【日】12時53分28秒
飲み会に行くと、一体どうしたらいいのかと考えてしまう事がある。
上司とどう付き合うのか。
何かする必要があるのか。
不安で気が重くなるという人も多い。
でも、一つ簡単に乗り切る方法がある。
私は若い頃、全てこれで乗り切った男だ。
最近はすっかり忘れていたが、とにかくこれさえやれば大体が許されてしまう。
これを許せないという上司がいるなら、それはそれでどうという事はない。
器の小さい人が上に立っている会社だ。
無理をしなくてもいずれ自分がその上に立っている可能性が高い。
では飲み会での心得、これさえしていれば大丈夫だというのを発表しよう。
『自分が全力で楽しむ事』
これだ!
もう酔っぱらってしまって、とにかく楽しむのだ。
酒の席での多少の粗相は、次の日全力で誤れば笑って許してもらえる。
それよりもとにかく自分が楽しんだら、それを見た上司も、面白い奴だと思ってくれるはずだ。
礼儀や酒の席での決まり事なんか吹っ飛んでしまう。
楽しんでいる人を見るのは楽しいのだから。
最近酒を飲んでいなかったから、すっかりこの心得を忘れていたよ。
若者たちよ、飲み会では、いや人生全て、大いに楽しむがいい。
それで概ね上手くいくから。

ただし、最高クラスの上司が器の小さい人だったら、その時は知らない。
頑張って平社員を続けてくれ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト