★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

パンツ

2013年11月15日【金】18時07分43秒
パンツって、いつも適当に穿いていると思うが、時に意識していいものを付ける場合もある。
しかし、別にわざわざ勝負パンツなんかを用意していても、なかなか穿く機会が無かったり、そこまで用意するのもどうかと思う場合もあるだろう。
恋人との関係も安定してくれば、そこまでする必要はもうないはずだ。
それでも、やっぱり普段穿いている中でも、なるべく良いものだったり、新し目のものをつけていきたいと考えたりする。
そこで今日は、独り暮らしのあなたに、パンツのゴールデンローテーションをお伝えしよう。
今、猛烈に読む気をなくした人もいたと思う。
でもせっかく読み始めたのだから、最後まで読んでくれると嬉しい。
さて‥‥
独り暮らしで毎日洗濯する人は、そうはいないと思う。
おそらく三日から一週間に一回くらいだろう。
三日に一回なら、パンツは最低四枚必要であり、一週間なら八枚必要だ。
とりあえず、三日に一回ということで、四枚のパンツを用意してほしい。
その中で、古いものが二枚、新しいものが二枚に分ける。
そして必ず、三日目に新しいものを穿くようする。
そうすれば、新しいものを穿いている時に、古いもの二枚と、新しいもの一枚を洗うことになる。
『新一』を穿いている時に、『新二、古一、古二』を洗い、その後、古一、古二を先に穿いた後、最後に新二を穿く。
すると次は、『新二』を穿いている時に、『新一、古一、古二』を洗濯することになる。
こうすると、常に新しいものを最後までキープすることで、いつ必要になっても新し目のパンツが穿けるわけだ。
更に新しいものの洗濯回数が、古いものの半分で済む為、傷みも遅い。
そしていつしか古いものを捨てることになれば、今まで新しい方だったパンツを古いグループにして、新しいパンツをおろすことになる。
正直、どうでもいいゴールデンローテーション術だが、私は何気にそうしている。
本当にどうでもいいんが‥‥


【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト