★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【お題シリーズ】料理とは※私にとって何?

2015年12月8日【火】17時12分03秒
料理というのは、食べ物をより美味しく食べる為に処理する事だ。
これにより、美味しいものはより美味しく、不味いものでもそこそこ美味しく食べられるようになる。
高いスキルの持ち主にかかれば、不味いものだって極上の美味しさに変わる事さえあるから驚きだ。
見た目グロテスクなものでも、正月には独占する勢いで家族みんなが箸を伸ばす。
更に更に驚きなのが、なんと料理に酒を入れても、未成年が食せる事だ。
料理は法律の壁さえ超えるのだ!
料理、これは半端な凄さではない。
そんな凄い料理だけど、私の手にかかれば大した事はない。
食べられないものが、ただ食べられるものに変わるだけ。
毒のある食べものを食べられるようにするとかそういう料理もあるし、それなら凄いんだけど、私にとっては違う。
焼く、チンする、お湯につける‥‥
凄いはずの料理を、ここまでコケにする私。
でも仕方がない。
私にとっての料理とはその程度なのだ。
だから私から見れば、料理ができる人ってのは魔法使いである。
つまり料理とは魔法なのかもね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト