★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

電話

2013年10月19日【土】18時13分38秒
私の実家は、今も商売をしている。
そしてそれは私が生まれた頃から続いている。
要するに私は、商売をしている家庭に生まれたわけだ。
当然、かかってくる電話はほぼ商売関係である。
だから電話に出る時のマニュアルが我が家にはあった。
それは誰から電話がかかってきたのか、しっかり確認する為のものだ。
「はい○○ですがどちら様でしょうか?」
電話に出ると、「もしもし」ではなくそう言う決まりになっていた。
そんな中で育つと、ガキの頃はまだ良かったが、だんだん面倒になってくるものだ。
言葉が減ってくる。
「はい○○ですが?」
最後のクエスチョンマークは残しつつ、言葉が半分になっていた。
それでも我が家の電話では通用した。
そうやって育った私は、ある時社会に出ることになった。
会社の電話にも当然出ることになる。
会社の人に笑われた。
私の出方だと、最後に「何か用ですか?」みたいな意味に取られかねないのだそうだ。
言われてみて、私は初めて理解した。
確かに、そうだね‥‥
「これからはもう、俺、電話にはでんわ!」
とは言わなかった。

【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト