★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

2014年5月2日【金】12時01分28秒
ここ十年以上、私は耳栓無しには寝られない日々が続いていた。
隣人の騒音で眠れず、体調を崩して酷いことになったからだ。
それ以来耳栓は、私には必須のアイテムとなっていた。
しかし最近、別の問題が発生した。
耳栓をしていると、心臓の音など、別の音がよく聞こえるようになる。
それが気にならなくなるまでに数年を要したが、また再び最近気になるようになったのだ。
それはストレスの為、横になると心臓がドキドキしてくるからである。
耳栓をしていては眠れずに、私は耳栓を外して寝る決断をしたのだった。
そうすれば案外眠れた。
今の隣人も、どうやら深夜に騒ぐような人ではないようで、本当に助かった。
冷蔵庫の音が若干気になるが、ずっと動いているわけではない。
止まっている時に眠りに付けば問題なかった。

耳栓を外して眠るようになって一か月ほどが経っただろうか。
昨日、久しぶりにこの問題にぶち当たった。
耳の近くで蚊が飛んで、ブンブン五月蠅くて眠れないのだ。
久しぶりに感じるこの事態に、少し嬉しくもあり、圧倒的に嫌な気持ちにもなった。
私は電気を付けて、蚊の存在を確認する。
部屋を見渡しても、飛んでいる様子はない。
じっと目を凝らして探すこと三分、壁に止まっている蚊を発見した。
思ったよりもでかい蚊で、手で殺すには躊躇するほどだった。
壁に手を打ちつけて大きな音を出すのも、深夜のこんな時間にやって良いものではない。
私は殺虫剤を使うことにした。
止まっている場所は、ベッドに隣接した壁の枕もとの近くだ。
あまり殺虫剤を拭きつけると、枕が殺虫剤まみれにもなりかねない。
私は手加減しながら、蚊に殺虫剤を拭きつけた。
するとすぐに蚊が飛び立つ。
私はタイミングを合わせて二射目を放つ。
すると蚊が、一瞬に姿を消した。
やったか?
私は蚊が飛んでいた下あたりを探してみるが、屍の存在は確認できない。
辺りを飛んでいる様子もなく、いったい何処にいったのだ?
五分ほど探してみたが、結局蚊は見つからなかった。
私は諦めてベッドに横になったが、今も何処からともなく羽の音が聞こえるようで、しばらく眠りには付けなかった。
ただ、そんなに嫌な気持ちではなかった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト