★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

気にしたら負け

2015年12月26日【土】17時31分11秒
昔の俺が今の自分を見たら、きっとこう言うだろう。
『気にしたら負け』だと。
これは俺が若かった頃の口癖だ。
まだ色々な事に前向きで希望を持っていた時代。
落ち込む人や何かに悩む人を見ては、俺はこの言葉を贈っていた。
その言葉に助けられたという人まで現れ、俺は更に調子にのって言っていたと思う。
しかしそんな口癖、いつの間にか言わなくなっていた。
そして今では、気にして負けている自分がいる。
あの時から何が変わったのかと考えてみれば、ただ年をとっただけだ。
この年というものは結構な影響を色々なところに与えてしまうもので、何より根拠の無い自信を失った気がする。
若いから大丈夫、若いからまだまだやれる、そういう気持ちを失うと、どうやら俺はただのヘタレのようだ。
もうやれないのではないか。
もう限界ではないのか。
でも客観的に今の自分を見たらやっぱり思うのだ。
『気にしたら負け』だと。
別に地球が爆発すると確定したわけでもないし、明日から徒労に迷うわけでもない。
まだまだ今が有り明日がある限り、希望はあるのだ。
そしてやれることもあるはずだ。
だから改めて今の自分に贈ろう。
『気にしたら負け』という言葉を。
そして全ての悩める人に。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト