★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【お題シリーズ】カレーとは

2015年12月7日【月】15時18分50秒
カレーと言って思い出すがの、小学生の頃の給食。
私は給食があまり好きではなかった。
食べるのが遅くて、全部食べられない事も多くて、辛かった記憶の方が多い。
でもカレーだけは違った。
カレーは私だけでなくみんなに人気があったし、とてもうれしいオカズだった。
給食はパンが2個とオカズ、それに牛乳が定番だったが、そのパンの中身をくり抜き、中にカレーを流し込んでカレーパンにするのが流行った。
だた水気が多い普通のカレーなので、後にカレーを付けて食べるのが基本スタイルとなったわけだが、どちらにしても美味しかった記憶しか残っていない。
そんな給食。
ある時、ご飯給食というのがスタートした。
カレーの時は、パンではなくお米のご飯になったのだ。
今までの、カレーパンやパンに付けて食べるスタイルも良かったが、私は大いに喜んだと記憶している。
ちょっとベトベトした感じがするご飯だったし、うちのカレーとは味が違うから、最高においしいという感じはしなかったけれど、これも当然、私が普通に食べられる数少ない献立となった。
なんにしてもカレーと言えば良い思い出ばかりだ。
遠足や一泊移住の時にみんなと作ったのも良い思い出。
私にとってカレーとは、良き思い出と共にあるものであり、私を時に救ってくれた最高の食べ物だ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト