★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

祭り

2014年1月10日【金】16時10分29秒
子供の頃の話である。
私は堀川小学校という学校に通っていたのだが、ある時突然、子供会だかの保護者に拉致られた。
その日はたまたま校庭開放で学校に遊びに行っていたのか、それとも子供会の野球の練習があったのか、細かいことは覚えていないが、とにかく友達が10人ほど集まっていた記憶がある。
そのメンバー全員に向かって大人たちは「今から御神輿を担いでもらうから」という。
話を聞けば、あるホテルに来ている外国の人たちに、日本の御神輿を見てもらうのだそうだ。
いきなりであるが、子供の頃の私はフットワークが軽かったので、他の友達も含めて、みんな突然のイベントを楽しんだ。
私は力が無かったからなのか、当時生徒会会長をしていたからなのか、とりあえず一番前で「わっしょい」と言いながら、何かを独りで持って、先頭で目立っていた気がする。
楽しい祭りであった。
ただ、この時何気に面白い出来事があり、それを思いだしたので今此処に書きとどめておくことにした。
私は最初に、「拉致られた」と書いた。
正確には、拉致られたのは自分ではない。
私は知った仲間と、信用できる人について行っただけなのだから、その表現はおかしい。
しかしこの時の保護者は、明らかに拉致加害者であった。
実はこの時、小学生が一名足りなかった。
そこで、全然関係の無い他校の生徒がたまたま堀川小学校の前を通りかかったので、なんだかんだと言って連れて行ったのである。
しかも車に乗せていくらか離れたホテルにである。
おいおい、これは誘拐ではないのか。
今思えば少し問題になりそうだが、昔はこれくらいのことをなんとも思っていなかった。
それで少し、今の窮屈さを感じてしまったわけだ。
祭りとは、日常とは違う楽しい日である。
まさにこの日は、祭りであった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト