★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

不安

2012年2月7日【火】18時47分46秒
私は道を歩いていた。
ただただ歩いていた。
そう、歩いているだけだ。
向こうから、女性が一人歩いてきた。
赤子を胸に抱いた女性が、一人歩いてきた。
いや、赤子もいるから、二人歩いてきた。
しかし歩いているのは女性だけだから、一人歩いてきたと言う方が正しいのかもしれない。
とにかく、女性が赤子を抱いて歩いてきた。
その女性は、私との距離5mくらいのところから、私の顔を見ていた。
私も何かあるのかと思い、女性の顔を見た。
ずっと見られている。
だから私も、なんだろうと思って見続ける。
私は女性とすれ違う。
そこで私達の視線はきれた。
なんだろう?
顔に何かついているかな?
先ほど歯磨きをしたから、歯磨き粉が顔についていたりするのだろうか。
それとも鼻血がでているとか。
不安だ。
なんだか不安だ。
鏡なんて持ち合わせていない。
止まっている車のガラスに僅かに映る自分の顔を、マジマジと見る。
わからない。
不安だ。
目が合って、「何みてんだよ!」って言う、ああいった人達の気持ちが、少しわかったかもしれない。
なるほど、不安になるからな。
不安だ。
結局不安は、家に帰るまで続いた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト