★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

雪道

2013年1月16日【水】12時14分32秒
雪が降っていた。
「これは積もるな」そう思っていた。
案の定、雪は積もった。
東京で雪が積もる事は滅多にないけれど、極偶に積もる。
となると、雪になれない東京の人々はうまく対応できずに、道を歩くのさえままならない。
私は、自動車のタイヤが通った後の、アスファルトが見えている部分を選んで歩いていた。
すると正面から自転車を押す人が歩いてきた。
アスファルトの見えている部分は、タイヤの跡である二本のルートだけだ。
そして今、同じルートを歩いているわけで、このままではいずれ正面からくる人とぶつかるはずだった。
向こうから歩いてきていた人は、自転車を押しているにも関わらず、もう一本のルートへと、自転車を持ちあげて移動していた。
ありがとう。
優しさを感じた。
でも、私の家は此処なのだよ。
その人とすれ違ってお礼を言う事もなく、私は自宅へと入っていくのだった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト