★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【お題シリーズ】ボタンとは※私にとって何?

2015年12月21日【月】12時15分05秒
ボタンと言ってもスイッチの事ではない。
服に付いているボタンの話。
私は裁縫道具を結構持ち歩く。
服に付いたボタンが外れる事が極偶にあるからだ。
小学生時代、家庭科の授業で習ったボタンの付け方は、これこそ役に立つ勉強だったと思う。
ただ、ボタンの付け方については、家庭科の授業で習う前から、母親のやっているのを見ていて知っていた。
だから今でも私のボタン付けは、母親オリジナルだ。
普通は糸を針の穴に通し、糸を穴に引っ掛ける感じで使用するわけだが、うちでは穴に通した糸も反対側の糸と同じ長さまで通して、二重にして使う。
するとボタン付けの時間も半分で済む高速ボタン付けができるのだ。
ただまあ家庭科の授業とうちの母親のしか見た事がないから、本当はどっちが主流なのかは知らないけれどね。
そんなわけで今でも私は糸を二重にして使っている。
話が少しそれたが、ボタンが外れるから裁縫道具を持ち歩いているわけだが、服によっては専用のボタンがあって替えが利かないのもある。
実は私が長年愛用して着ているロングコートのボタン、一つとれて無くなっている。
だからボタンと言えばいつも思い出すのだ。
このボタンが取れた日の事を。
某遊園地にとある女の子と遊びに行ってはしゃいでいた。
ここで知らない間にボタンが取れていたんだよね。
だから毎年冬になると思い出すのだ。
コートにボタンが無いのを見てあの日の事を。
ボタンは私にとってあの日を思い出させるスイッチかな。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト