★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

かくれんぼ

2016年10月20日【木】21時44分08秒
部屋に蜘蛛が現れた。
見つけてしまうと気になるもので、その行方を時々目で追ってしまう。
カーテンからベッドへ飛び移り、枕の上を横断してから壁を登ってゆく。
頂上までたどり着いたのを見届けたら何故か安心して一旦蜘蛛の事は忘れる。
ふと思い出し蜘蛛を探す。
すると自分の真上の天井に張り付いていた。
お茶を飲もうと思っていたので、落ちてきたらマズイと少しよけて飲んでいると蜘蛛が急にダイブして降りてくる。
お茶が飲みたかったのだろうか。
その後どこかに消えたと思ったら、再び天井に張り付いているのを見つけた。
先ほどのようにダイブしてくる可能性もあるので、時々チラチラと蜘蛛を探す。
そしたら今、まさに私の真上にまた戻ってきた。
再びダイブする気だろうか。

ふと思った。
もしかして蜘蛛は私とかくれんぼでもしたいのだろうかと。
かまってほしいのかと。
ダイブはジャレついてきたってことなのだろうか。
蜘蛛とかくれんぼ。
そんな時間も良いかもしれない。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト