★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

人間

2014年2月7日【金】10時57分07秒
人間だと感じた。
商店街を歩いていると、挨拶をしている人がいた。
東京に来てから挨拶を忘れている私としては、それがとても素晴らしいことに思えた。
きっとこの人は良い人なのだろうと感じた。
買い物を終え、私は帰宅途中に再びその商店街を歩いていた。
すると先ほどの人が、車を出そうとする人を誘導する為に目の前にいた。
私はそのまま歩いて行っても良かったが、万一このまま車が出てきては危ないので一旦止まった。
先ほどの人は私に気がついているのかいないのか分からないが、私にかまわず車を出そうと誘導を続けた。
「オーライ!オーライ!」
私が止まったからそのまま続けたのかもしれない。
気がついていないだけなのかもしれない。
でも普通こういう時は歩行者優先ではないのだろうか。
挨拶をするからと言って、決して良い人ではない。
マナーを守れないからと言って、良いところがないわけではない。
これが人間というものか。
私は妙に納得しつつ、先ほど買ったアイスが溶けないかと心配しながら、運転席から私に「すみません」と言う声を無視して家路を急ぐのだった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト