★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

心肺停止

2015年12月23日【水】10時33分24秒
心肺停止。
正確には心臓だけだったかもしれないが、昨晩に起きた驚きの出来事。
私は寝るときには耳栓をして寝ている。
隣人が五月蠅くて眠れない事があってから、それ以来耳栓が必要となってしまったのだ。
今使っている耳栓は結構音を遮断してくれる。
ほぼ外からの音は聞こえず、寝ている時に聞こえてくるのは爆音で走る車のエンジン音と、救急車のサイレンくらいだ。
とはいえ、全くの無音状態というわけではない。
常にキーンという高い聞き取りにくい音は鳴り続けているし、遠くで工事をしている時に聞こえてくるような、ブーンという音も聞こえる。
そしておそらく血液の流れる音だろうが、ゴーという音も聞こえるし、心臓が脈打つのも感じる。
最初に耳栓をし始めた頃、それらが気になって眠れなかったわけだが、今ではもう慣れた。
それで昨日も耳栓をして布団に入り、眠りに付こうと横になってその音を聞いていたわけだが‥‥
いきなり全ての音がピタリと止まって聞こえなくなったのだ。
え?なにこれ?
もしかして心肺停止?
人間は寝ている時、一時的に心臓が止まる事があるという。
それなのか?
いやでも流石に焦る。
私はこのまま死んでしまうのだろうか。
心臓に手をあてて確認するのも怖い。
どうしよう。
そうこうしていたら、またゆっくり音が戻り始めた。
私はホッとして息を吐いた。
本当に心肺停止状態だったのか、それは分からない。
ただ、本当に怖くてビックリする体験だった。
マジでドキドキした。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト