★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

夏のレジ

2012年2月7日【火】18時47分54秒
スーパーのレジで時々みかける風景として、レジのおばちゃんと、買い物にきているおばちゃんが、世間話をしているところがある。
私はよくスーパーに買い物にいくが、普段そういった風景を目撃すると、今の世の中も捨てたものではない。
ゆっくりと時が流れているところもあるのだと安心するものだ。
しかしだ。
今日は流石に、そんな思いは吹き飛んでいた。
そう、私はあわてていたのだ。
理由は簡単である。
夏、だからである。
わからない?
では順を追って具体的に話そう。
まずスーパーに行ったら、欲しい食材等を買い物かごにいれていく。
もちろんこの時、普段のんびりが好きな私としては、何も慌てる事はない。
むしろ夏だから、涼しいスーパーで1分1秒でも涼みたいから、ゆっくりと買い物を楽しむ。
だから、普段買わないようなコーナーにまで足を運び、予算に余裕があれば、お菓子のコーナーなんかも見て回る。
さて、問題はいよいよお会計をしようかと思った時だ。
これから暑い外に出て帰るわけだが、きっと家についた時には汗びっしょりで、冷たい物を欲するはずだと想像してしまう。
財布と相談すると、アイスクリームを買うくらいの余裕があった。
レジに並んでいるのはおばちゃん1人。
私はおもむろにアイスをつかむと買い物かごに入れて、すぐにレジに行っておばちゃんの後ろに並んだ。
さて、此処からは時間との勝負だ。
アイスが溶けるのが先か、私が家に着くのが先か。
いよいよ前のおばちゃんの商品が全てレジを通され、お会計をする。
正にその時。
おばちゃんはお金を取り出すどころか、いきなりレジのおばちゃんと世間話を始めてしまったのだ。
結果はおわかりだろう。
家に着いた時、アイスクリームはかなり溶けていた。
ちなみに買ったのはアイスモナカだったのだが、かじったら反対側から、アイスが絞り出されるように出てきた。
スーパーで買い物するおばちゃんよ。
夏だけは、世間話しないで、さっさと金払って出ていってはくれないだろうか。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト