★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

蚊2

2014年6月8日【日】10時11分22秒
パソコンを操作していると、耳元で『ブーン』と五月蠅い音がした。
蚊だ。
少し前に久しぶりの蚊を発見したが、これで今年2回目となる。
私は昔から、蚊に刺されることは少ない。
勝手に、『私の血は美味しくないのだろう』と思いこんでいたが、蚊が寄ってくるようになったってことは、もしかしたら血が美味しくなったのだろうか。
そういえば血糖値も上昇しているようだし、甘みがでてきたのかもしれない。
パソコンを操作している間、何度となく蚊と格闘した。
しかししとめることはできず、とうとう寝る時間になってしまった。
私は寝る前に、殺虫剤をかまえて部屋を見渡していた。
何処にも蚊の気配はない。
これはきっと、手ごたえは無かったが、最後に出会った時にしとめたのだろう。
そう思って私は寝ることにした。
しかし‥‥
うとうと眠りについた頃、耳元で『ブーン』と大きな音がした。
私はハッと起きあがった。
くそっ、やはりしとめられてはいなかったか。
それにしても、普段全く音もしない羽の音なのに、耳元だとどうしてあんなに五月蠅いのだろう。
あんなに大きな音なら、飛んでいる時に聞こえてきそうなものなのだが。
私は再び殺虫剤をかまえて、部屋の中を注視し、耳をすました。
しかし、やはりこういう時にはでてこない。
私は諦めて、部屋中に殺虫剤をまくことにした。
枕が殺虫剤臭くなりそうだが、いたしかたあるまい。
その後、私は殺虫剤の臭いがする枕を抱きながら眠りについた。
流石に、再び蚊に起こされることはなかった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト