★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【お題シリーズ】ゲームとは

2015年12月6日【日】13時31分16秒
ゲームと言って思い出すのは、幼稚園か小学1年生くらいの頃。
あれは白黒テレビだったと思うが、そのテレビにつなげてやっていた家庭用ゲーム機、ブロック崩し。
それが楽しかったかどうかなんてもう記憶にはないけれど、かなり上手くなっていたから、多分とても楽しかったのだろう。
ある日うちの母親が、テレビゲーム大会を企画してくれた。
友達を集めブロック崩しで勝負して、上位の人には景品まで用意していた。
結果はもちろん私が優勝、そして弟が準優勝という当たり前の結果。
今思うと勝って良かったのかとか考えさせられる大会だったが、その時に貰ったゲイラカイトが嬉しかった。
多分喜んだと思う。
その後も色々とゲームはした。
友達の家に遊びに行けば、必ずと言っていいほどボードゲーム。
小学生高学年になる頃には、ゲームウォッチなんかが流行っていた。
その後ファミコンが出て、ゲームセンターなんかにも通いだす。
子供の頃だけではない。
今でも私はゲームをしている。
私にとってゲームとは、人生に欠かせないアイテムなのかもしれない。
そういえば、ゲームを自分の手で作りたいと考えていた頃もあったな。
だからプログラムも少々勉強していたわけで。
ゲームはもう私の一部になっているのかな。
ゲームが無かったら、今の私も無かった。
ここでこういう事を書いてることも無かっただろう。
ゲームとは、私の一部だな。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト