★ 

エッセイ(随筆)&詩&短編

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

幸せ

2013年8月14日【水】18時11分23秒
オレ、蟻になっていた。
目が覚めたら蟻だった。
「ありり?どゆこと?」そんな事は思わなかった。
オレは一生懸命、蛾の死体を運んでいた。
「うわっ!オレ虫嫌いなのに!」思ったはずの感情も、今では全くわいてこなかった。
巣の中に入れようとした。
少しサイズが大きかったが、無理やりねじこもうとした。
「アホだ」と思ったけれど、やめられなかった。
でもしばらくすると、蛾の首がもげた。
羽ももげた。
気がついたら巣の中に運び入れていた。
「何これ?マジ幸せ」うまく巣に入った事に喜んだ。
オレは調子にのった。
他にもドンドン、美味そうなものを巣へと運んだ。
女王様の為に、生まれてくる子供達の為に、無心で運んだ。
なんか幸せだった。
どれだけ運んでいたのだろうか、辺りが薄暗くなりはじめていた。
「いつまで働くんだろう?」そんな疑問は微塵もわき起こらなかった。
すぐに人間に踏まれて、オレは死んだ。

【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト