★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第四十四話 文化祭1日目

ただの平凡な一日が、突然刺激的な一日になる事がある。
逆に、何かが起こりそうな日であっても、何事もなく終える事もある。
まあ全ては平凡な一日であって、それで良いのではと思う一日。

文化祭の成果報告、ゲーム部は、教室を使わないクラスの教室を借りて行っている。
1年D組の教室には、ゲーム機とPC、展示物と大型モニタが置かれていた。
モニタって言うか、テレビなんだけど、そこにはDVD映像をエンドレスに映し出している。
俺達がテレビ出演した映像や、「ドリームダスト」の1000勝目のバトル映像だ。
そして教室には沢山の人が訪れる。
まあ、俺達は学校一の有名人だからな。
学校外のお客は少ないけれど、それなりに見に来てくれているようだ。
 見学者A「あ、これ、1000勝目の映像なんだ?」
 達也「はい」
 見学者B「100万円って、本当にもらったの?」
 達也「はい」
 見学者C「ドリームダストと対戦したいんだけど、できないよね?」
 達也「はい」
見に来る人の興味は、全てバトルグリード関係ばかりだった。
ゲーム部の実績と言ったらそれくらいしかないから当然と言えば当然。
まあ、それくらいしかとか言ってしまえる程度の実績でもないけど。
でもこれを期に、ゲーム部に入りたいとか言う人もいるんじゃないかと期待していたのだけど、手応えはない。
一応進学校だし、部活動をする人は既にどこかに所属しているだろうから。
来年の新入生に期待するしかないのだろうな。
 佐藤「星崎、なかなか活況じゃないか」
我がクラスの担任が、嬉しそうに登場した。
 達也「はい。でも見ていくのはそればっかりですけど」
俺はそういってモニタを指さした。
 佐藤「いやいや、あれは校長もよろこんでたからなぁ。森学の天才少女なんて言われて、2人は有名人だし」
そう言えば、2人ともそれなりの面をしているから、テレビ放送以来やたらと人気あるんだよな。
学校内では女子が多いからそれほどの騒ぎはないけど、ネット上では2人を応援する会とかできてるし。
 佐藤「でも他を見てる人もいるじゃないか」
我が担任はPC前に座る生徒達を指さした。
そのうちの1人は、クイズゲームを説明するまこちゃん。
 達也「ああ、あれもチリちゃんが作ったクイズゲームなんで、そこそこ人気ですね」
まこちゃんはずっとPCに張り付いて、説明と監視を続けていた。
PCが置いてあると、悪戯する人もいるから、誰かがついていないといけない。
今は俺が全体管理、まこちゃんがPC管理を担当している。
そのうち当番を代わってくれる優しい部員が来てくれると信じているが、いっこうにこない。
やはり時間を決めて交代制にするべきだったな。
まこちゃんはたまたま捕まえて、無理矢理ひっぱってきた。
せっかくの文化祭なのにーとかブーブー言っていたが、まあちゃんと手伝ってくれるあたり暇なのだろう。
いや、優しい子だ。
ちなみにチリちゃんと夢ちゃんは担当させられない。
外部客もいるし、騒ぎになるといけないから。
そう考えると、他の部員の誰かにココを任せるのも少し無理があるかな。
PCに何かあった時に対応できそうな奴がいない。
そんな時は一度止めて、呼びに来てくれてもいいんだけど。
 達也「あれ?」
そんな事を考えていたら、いつの間にか我が担任はいなくなっていた。
まあいいか。
それにしても暇だ。
俺も遊びに行きたいなぁ。
ていっても、よく考えたら一緒にまわる友達もいないじゃん?
俺って部の友達以外に友達いないよね。
クラスの男達とはそれなりに話すけど、友達なんて呼べるほど仲良くはないし。
結局ココにいるのが一番かな。
そんな事を考えていたら、高鳥姉妹がやってきた。
 きらら「達也、代わるよー」
どうやら交代する為にきてくれたらしい。
 達也「お前達、PCは大丈夫なのか?」
まあもちろん基本的な事くらいは、今の子らは楽勝だろうけど、今起動しているゲームはエグゼファイルを起動するだけのプログラムではない。
スクリプトアプリケーションだっけ?
ソースプログラムそのままのアプリケーションなわけで。
コンパイルしていないプログラムをそのまま実行しているわけで。
コンソールアプリケーションだっけ?
DOSプロンプト使用なわけで。
俺もさほど詳しくは無いけど、理屈は解っている。
 きらら「んー教えてくれればできると思うけど」
 達也「ふむ。まあココをお前達に任して、とりあえず俺はまこちゃんと代わってくるよ。時間があったら教える」
 きらら「おけ」
俺はそう言ってまこちゃんと代わった。
まこちゃんは速攻走って行ってしまった。
なんか悪い事したかな?
その後、合間を見てきらら達に教えようかと思ったけど、直ぐに美鈴と舞があらわれて、店番を代わってくれた。
美鈴ならまあプログラム楽勝だしね。
もう辞めている人に頼むのも気がひけたけど、毎日来てるし。
解放された俺は、高鳥姉妹と文化祭をまわる事にした。
 達也「なんか面白いところあったか?」
 きらら「んーさっきまで演劇部がロミオやってたよ」
 達也「さっきまでね」
どうやらきららは観てきたようだけど、もう終わってるものは観れない。
 うらら「ブラスバンド部の演奏がそろそろなんじゃないかな」
 達也「聴きに行くか?」
どうやら行く気にはなれないようだ。
何故行きたくもないのに言ったんだ?
 達也「他には?」
 きらら「1年A組がメイド喫茶やってるって」
 達也「あれ?冥土喫茶だって聞いたけど?」
俺達は目的もなく、ただただダベリながら文化祭を満喫していた。
気がついたらチリちゃんと夢ちゃんも合流していた。
他校から来た男子学生が、チリちゃんと夢ちゃんに話しかけるのをみていると、なんだかむかついた。
嫉妬?
何故に?
俺ってやっぱり気が多いのかな?
みんなを独占したいのかも。
考えても理由はわからなかった。
こうして文化祭1日目は、特に何事もなく平凡に終わった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト