★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第七十二話 結婚

別れは、遅かれ早かれいずれは訪れる。
今日は送別会。
吉田君と新垣さんが、受験に専念したいという事で、今日限りで部活を引退する。
新入部員も増えたし、思い残す事も無いと言っていた。
結局大会では活躍できなかった2人だけれど、それでも俺達の仲間だったんだ。
RPG作成だって、新垣さんの音楽が無ければ、きっと金賞なんて無理だっただろう。
今日の送別会は、みんなの感謝の気持ちだ。
 吉田「なんで結婚式なんだ?」
 達也「みんなの感謝の気持ちを伝えるためには、結婚式をするしかないでしょ?まあ、結婚ゲーム?」
 吉田「意味わかんない」
 まこと「まあまあ、文句いわないの。さあ、司会者さん、お願いー!」
ビシッと学生服で正装する吉田君が緊張する。
皆が司会者うららを注目した。
 うらら「それでは、新婦入場です」
部室のドアを開けて入ってきたのは、ゲーム部作ウエディングドレスを着た新垣さんだった。
やばい。
やたら可愛い。
少し照れて、少し嬉しくて、少し涙を光らせて。
ウエディングドレスは、舞とかきららが協力して作ったらしいけど、デキはかなり良い。
 今日子「きゃー!智恵子ちゃんカワユス!ちょーカワユス!うまやらしいわぁー!」
 夢「それを言うならうらやましいでしょ」
 知里「うん。うまらやしいよぉ~」
だから間違ってるって、チリちゃん・・・
新垣さんは俺達のならすクラッカーを浴びて、吉田君の横まで歩く。
バトルグリードで得た部費で買った指輪を、吉田君に渡す。
 達也「これは部員みんなからの贈り物。新垣さんにつけてあげて」
 吉田「いや、ま、マジで?」
吉田君はメチャメチャ照れていた。
指輪を持ち、新垣さんの左手をとる。
新垣さんの涙が一筋流れる。
指輪は、吉田君の手によって、薬指にはめられた。
まあサイズは聞いていたので、指にピッタリだ。
指輪をはめた瞬間、新垣さんが吉田君に抱きついた。
ああ、本当に好きなんだな。
そう思った。
人が人をどう思って、どれくらい想っているのかなんてわからない。
何かの漫画であった、レベルを計る機械が存在して、想いをはかれるならどんなに良いだろう。
それで一番想いの強い人こそが、きっと一番だと想えるかもしれないから。
 今日子「チューだよ!ちゅー!ココはブチューーーーっと、やっちゃいなよ!」
 吉田「おいおい、流石にそれは照れるだろ?」
 きらら「いいじゃん、今日だけ今日だけ」
 愛奈「いいなぁ」
 和己「ドキドキ」
すると新垣さんがいきなり吉田君にキスした。
吉田君の固まってる顔がなんだか良かった。
後はみんなでどんちゃん騒ぎ。
てか、ピコピコ騒ぎ?
吉田君達は、愛の力を見せろとかって言われ、2人で協力してプレイするゲームを、延々とやらされていた。
やられたら、みんなから「愛の力が足りない」とか罵声を浴びていた。
2人は幸せそうで、楽しそうだった。
部活終了の時間、俺達は盛大に祝福して2人を部室から追い出した。
残った部員で部屋を片づけて、みんなも部室を順番に後にする。
俺は何となく部室から出る気がしなくて、なんとなく片づける振りをして残っていた。
部室には俺ひとりが残った。
 達也「結婚か・・・」
友達の結婚式なんかは、今まで何度も出た事がある。
その時に幸せそうな顔をしていないカップルなんて、今まで見たことがない。
結婚とはそれほど素晴らしく、幸せな事なのだろうか。
俺は結婚していないからわからないけれど、おそらくはそうなのだろう。
でも、結婚したいと本気で想えた人は、俺の記憶にはおそらくない。
 舞「あれ?まだ残ってたんだ?」
舞だった。
どうやら最終チェックにきたようだ。
 達也「ああ、何となく疲れた」
俺は椅子の背もたれに体をあずける。
 舞「ドレスはどうっだった?ちゃんとウエディングドレスに見えた?」
 達也「ああ、良いできだったよ。本物とまではいかなくても、凄く良かった」
俺はドレスを思い出しながら、舞を見た。
 舞「そう、良かった」
あれ?
俺って、生まれ変わったから、もしかして舞と結婚できたりするのだろうか?
いや、でも兄妹だし、おかしい気もするけれど。
 舞「どうしたの?」
 達也「あっ!いや、舞も似合うかなって思っただけ」
 舞「えっ?たぶん、似合うと思うけど・・・」
舞は少し照れていた。
なんだか俺も恥ずかしくなってきたので、そそくさと立ち上がって、部室からでた。
 達也「さて、帰るか。鍵よろしく!」
俺は後ろにいるだろう舞に手を振って、寮へと歩きだした。
 舞「おやすみー!」
舞の方を振り返らなかったが、声から、きっと笑顔なのだと思った。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト