★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

第一話 プロローグ

人は進化する。。。
人は、より良い自分とするために進化する。。。
人は、その中で争う。。。
そして人は、何かを壊し、新しい何かを作り出す。。。
そしてまた人は、争う。。。
その繰り返しの中、人は進化する。。。
しかしやがては、人は自らを滅する。。。
歴史は繰り返す。。。
人は繰り返す。。。
全ての人を滅する力を手にして、そして滅ぶ。。。
神は考えた。。。
人に、過剰な力を与えてはいけない。。。
しかし人は、より良い自分とする為に進化する。。。
そこで神は、更に考えた。。。
初めからある程度の力を人に与えては。。。と。。。
そうする事で、過剰な力を手にする流れを絶つ事を。。。
人は空を飛べないから、飛ぶ方法を考える。。。
ならば、飛ぶ方法を最初から与える。。。
闇の中に光りが無いから、光を作る。。。
ならば、光を最初から与える。。。
高速な移動を求めるから、それも与える。。。

世界を滅ぼした、全世界を巻き込んだ戦争。。。
その戦争によって、人類のほとんどが死に絶えた。。。
その時、神は全てをリセットし、人に力を与えた。。。
その力は人に、空を自由に飛ぶ事を許した。
その力は人に、自由に輝きをもたらす事を許した。
その力は人に、高速での移動を可能にした。
その力を人は、魔法と呼ぶ。。。


神が、人の住むこの地球をリセットしたと言われる「アルマゲドン」より、数千年。。。
それでも人々は、争いを、戦争をやめる事ができなかった。
神に与えられたその力を、戦いの道具として使っていた。
アルマゲドンの直後、残された僅かな人々。
その人々は、今後戦争を起こさないと誓った。
しかしその思いは、世代を重ねるごとに風化する。
そして今、人類は混沌の時代の真っ直中。
その昔、戦国時代と呼ばれる時代と類似する。
天下統一を掲げ、世界統一を目指し、ごく僅かの人々によって、全世界が動いていた。
今世界は数百の国に分かれている。
正確には、数百の国が作り上げられた。
その国々は、全ての陸地を埋め尽くし、全ての陸地がどこかの国に属する。
新たな土地を求めても、もう存在しない。
そんな中、理想を掲げる人々が、理想国家建国の為に、ある国の領土を奪う行動にでた。
国を大きくしたい人々が、近隣の国を奪う事を始めた。
そこから憎しみが生まれ、戦いが戦いを呼び、混沌の時代へと突入したのだ。
それを愁いた1人の少年がいた。
名を「シャナクル」と言う。
シャナクルは、生まれながらに強大な魔力を持っていた。
そして若干10歳の時には、世界最高と言われるほどの魔法使いに成長していた。
シャナクルは、その強大な魔力を力に、11歳の時ブリリア国の王として名を轟かせる。
そして全国統一という目標を掲げ、戦いの無い世界を目指した。
近隣国に攻め入り、刃向かう者は容赦なく殺し、破壊する。
人々は恐怖する。
一部の者は取り入り、一部は志同じと同調する。
そして多くの敵を作った。
そんな中で、この日最西にあるローラシア大国に攻め入った。
ローラシア大国は、全国でも5本の指に入る大国で、魔法軍事大国でもあった。
シャナクルは自ら最前線に立ち、ローラシア大国を圧倒する。
しかし、ローラシア大国は陥落寸前で、ターゲットをシャナクル1人にしぼり、反撃した。
そして、ローラシア大国の全てと引き替えに、シャナクルを滅する。。。
【Ξ┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト