★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

不完全体の盾使い

紫苑さんの言うとおり、目標の人数はすぐに集まった。
友達を集めるのもそうだけど、それ以上に多かったのが、他の軍に殺されて、此処にくる人だ。
我が軍の戦い方を見て、人型にとどめをさす軍が格段に増えていた。
ジーク軍も四天王をフル活用して、周りの勢力をどんどんうち負かしていった。
宇宙の絆2は、大戦国時代だ。
波が波を呼び、早いうちに自ら移動する者も多くなっていた。
 紫苑「今日から本格的に私も復活する。プレイヤキルは今まで仕方なくしてきたが、やはりいくない。今後中止する。皆やらないように。」
紫苑さんがサイファ軍にいた事を知っているのは、主要メンバーと、サイファ軍の主要メンバーだけだ。
ちなみに紫苑軍への反感は、サイファ軍の中にはもうあまり無いらしい。
プレイヤキルは、今では当たり前に行われているし、サイファさんと紫苑さんの努力もあるだろう。
そして再び、サイファ軍との同盟を結んだ。
サイファ軍では、「紫苑軍が同盟を求めてきた。だから、プレイヤキルをやめる事を条件に同盟してあげた。」と、皆には話したらしい。
サイファ軍の好感度はますます上がり、反省しているように見える紫苑軍も、だんだんと好感を持たれるようになっていた。
今回の作戦で一番得をしたのはサイファ軍だが、紫苑軍としても上々の結果だ。
そしてその効果が出るのは、まだまだこれからだ。
今、プレイヤキルが流行りだしているのだから・・・
しかし、我々の思惑は、1日でうち砕かれる事になる。
クライアントの修正によって。
 アライヴ「なんだよこれ・・・」
 紫苑「最悪・・・(-_-メ)」
クライアントの重要告知に書いてあったのは、次のとおりだ。
「プレイヤズキルに対してのペナルティ及び、壊滅解散リスクの変更について。艦船撃沈以外で、敵大将以外のプレイヤズキルを行った場合のペナルティ新設。全国力マイナス5%。計算方法は、本来あるはずの国力を対象とする為、20回行えば、自動的に軍の壊滅を意味する。回復には5%1ヶ月を要する。軍の壊滅、及び解散を行った場合、その軍の少尉以上の階級の者は、兵国力が30万人規模以上で上位ベスト10の軍への入隊を3ヶ月禁止する。開始は本日より。修正バッチをあてないとゲームに参加できませんので、早急にお願いします。」
みんながプレイヤキルを行って、我が軍に人が流れてくるもくろみは、あっさりとたたれた。
それにしてもギリギリのタイミングだった。
後1日この告知が早ければ、サイファ軍との円満な同盟は難しかったかもしれない。
それでもなんとか間に合ったのだから、不幸中の幸いだ。
我々は最低限の勝利をつかんだのだ。
 美夏「まあ、いんじゃね?それにやっぱりプレイヤズキルは、ドロドロになりかねないから、無くて正解だよ。」
 てけとー「まあな。だけど今回の変更は、ダイユウサク軍の連中が、クライアントに進言したって話だぜ?あいつらゲーム業界に影響力大きいからな。あくまで噂だけど。」
まあそれが本当だとしても、今回の作戦で全く利益を得ていないダイユウサク軍だ。
それくらいは良いだろう。
実際これはただの噂だとは思うが。
 紫陽花「それよりも、最低限の目的は達成できたわけだし、今後どうするかよね。」
 アライヴ「確かに。一度軍をきちんと整えて、いよいよ侵攻開始ってね。」
 じぇにぃ「わたしわぁせんとぉーできればぃぃー」
 紫苑「その前に、俺に人材把握させて。(;_;)」
そういやそうだ。
俺は実際に倒してきた奴も多いから、どんなメンツが集まったか少しはわかるけど、紫苑さんにしてみれば知らない人ばかりだ。
それに俺だって、3割程度も把握していない。
話した感じで強そうな奴は何人かいたけど、どうしたものか。
 紫苑「そこで、階級決めテストと称して、アライヴとじぇにぃには、テストバトルをみんなとしてもらいたい。」
 アライヴ「みんなと?できない人も多いかも?」
 紫苑「階級は、最後の評価に大きく影響するから、多少は無理しても集まるはず。だからよろ。」
 アライヴ「わかった。」
 じぇにぃ「ぅん。つよぃひとぉぃればぃぃなぁ」
 てけとー「艦長候補はどうする?」
 紫苑「俺と、紫陽花でテストするよ。」
 スピードスター「♪」
こうして、俺達の階級決めテストと称した模擬バトルが、開始された。

昨日は15人ほどテストバトルの相手をしたが、我々基準で少尉以上になれる人はいなかった。
じぇにぃの方に、そこそこ使える人がいたらしいけど、それでも中尉クラスらしい。
ちなみに人数が増え、国力もかなり増えてきたので、俺の階級は今は少将、じぇにぃが准将だ。
てけとーさん、美夏さん、壁さんも准将に昇格で、初期からのメンバーと主要メンバーだけで将官クラスをやっている。
グループ通信メンバーもそうである。
できれば後何人か、このメンバーに入れたいのだけど、強くて話せる人はなかなかいないものだ。
まだまだ1/3をテストしただけだから、今後に期待。
 アライヴ「今あいてる人で、テストバトルしてない人いましたら、返事ください。」
回線につないでいるかそうでないかは、軍の通信回線を開けばわかるのだけど、回線をつないだままではない人も多いから、こうして呼びかける必要がある。
 レイズナー「あ、よろしく!」
 アライヴ「はい、こちらこそ。」
レイズナーさんは、知っている。
と言っても、個人的にではなく、ファーストの頃は中将までいった人だから知っているだけだ。
でも、階級ほど強いと言える人ではなかった。
しかしそれはシミュレーション主体だった頃の話。
今はパイロットとして来ているから、もしかすると・・・
・・・
悪くはなかった。
なかったけど、期待はずれだった。
中将だったから、もっとやるかと思っていたけれど、我が軍ではせいぜい少佐だな。
それでもこの人は貴重な戦力になるだろう。
ちょっと偉そうだけど。
 レイズナー「君強いね。俺の軍にいてくれたら、中将にしてやったのに。(笑)」
いや、あんたの軍なんか絶対入らないし。
 アライヴ「ありがとうございます。で、おそらく我が軍の、とりあえずは大尉あたりになると思いますが、いいですか?」
 レイズナー「そんなに低いの?俺前中将だったんだよ?」
訂正。
すっげぇ偉そう。
 アライヴ「すみません。できるだけあげるよう大将には言いますけど、上の方は詰まってるので、今後の活躍次第になると思います。」
 レイズナー「そうだな。活躍すればいいんだからな。君と同じ隊にしてくれよ。」
 アライヴ「私は旗艦直属の人型乗りなので、それは無理かと。すみません。」
 レイズナー「しかたねぇなぁ。自力で活躍するか。」
最初からそうしてくれ。
あなたにはなかなか難しいだろうけど。
 アライヴ「それでは、今後ともよろしくです。」
 レイズナー「はいはい~」
 一生「ふぅ~。全くこういう勘違い野郎は駄目だな。完全に名前負けしてるし。」
レイズナーって言えば、なかなか評価の高いアニメだ。
俺でも知ってるし。
そんな名前つけるなよな。
レイズナーがかわいそうだよ。
さて、気をとりなおして、次いくか。
俺は軍全体に通信を入れる。
 アライヴ「まだテストバトルしていない人いましたら、声かけてください。」
しばらく通信が無い。
夕方とは言え、働いている人がなかなかゲームできる時間ではない。
いるのは多くが学校帰りの学生か、俺みたいなプーだ。
しばらくボーっと画面を眺める。
この時間はもういないかなぁ~。
そんな事を思って一旦落ちようかと思った時、通信が入った。
 チョビ「はいrはいあrlじゃ」
・・・
 チョビ「はい!お願いします!」
どうやら慌てていたようだ。
なんだかこれだけで、弱いってわかるんですけど。
まあでも一応テストしないとね。
 アライヴ「はい。チョビさんですね。ではやりましょう。」
 チョビ「よろしくお願いしますーー!!」
ドジっ子属性で、こんな時間からプレイしてるって事は、きっと中学生か、良くて高校生かな。
 アライヴ「では、そちらは本気できてください。終了の時は、発光弾を飛ばすか、通信で伝えます。」
 チョビ「はいです!!」
さて、軽くもんでやるか。
テストバトルがスタートした。
チョビさんの機体は、ごくスタンダードな機体だ。
っていうか、全くカスタマイズしてないんじゃないのってくらい、最初に与えられるデフォルト機のようだ。
これだけで、相手の強さはだいたいわかる。
きっとヘボだ。
そう思って不用意に操作していたら、いきなり正確なビームライフルの攻撃がとんできた。
 一生「おっと!」
俺は一発目をうまくかわしたが、すぐに二発目がとんできて、それを左腕に少しかすらせてしまった。
 一生「なんだぁ?」
弱いと予想していたのだけれど、案外やるんじゃないか?
俺は真剣に動きを見た。
落ち着きの無い動きだけど、その分動きが読めないし、狙いをしぼれない。
 一生「ちょこまかと!だからチョビか!」
俺はそれでも狙いをつけて、絶妙なタイミングでビーム砲で攻撃した。
あの機体でこのタイミング、そうそうかわせるもんじゃない。
 一生「なんと!盾か。」
チョビさんは盾でビーム砲を受けた。
盾なんて重くなるだけだし、それに反応できるならかわす方が賢い。
なぜなら盾はある意味消耗品だから。
傷つけば、本体と同様に修理が必要だから。
しかし、なんだろうこの子・・・いや、歳も性別もわからんから一応この人と言っておこう。
今戦ってわかったけど、あの機体は完全に初期状態だ。
少し違うのが盾だけど、デフォルトよりも大きな盾だから、動きは更に遅くなっているだろう。
人型のコントロールもその分難しくなっているはずだ。
なのにこのうまさ。
そうだ、うまいんだ。
フェンネルは使ってないけど、俺はそれなりに本気で攻撃している。
なのに攻撃を当てる事もできない。
一方チョビさんは、一発とはいえ俺にビームライフルの攻撃をかすらせた。
もしこれがポイント制の戦いなら、有効をとられている状態だ。
なんとまあ、巧い人ってのは密かにいるものだ。
このテストバトルをしていなければ、もしかしたらこの子、いやこの人を完全にただの下っ端として使っていたかもしれない。
しかし、それにしてももったいない。
もっと良い機体に乗っていれば、今頃すでにどこかの軍で、エースパイロットだったかもしれない。
でもだから、こうして今此処にいるわけで、凄くラッキーだったのでは?
とにかく、もう少し戦ってみよう。
少なくとも負けてる状況で終わるのはあれだし。
俺は本気を出すことにした。
フェンネル展開。
さーて、これに対して、どういう戦いを見せる?
なんて思った瞬間、チョビの盾から無数のビームが発射された。
 一生「なんですとぉ!!拡散ビーム?しかも熱感知型だよ。」
俺の展開したフェンネルが、一瞬のうちに落とされた。
この子、いやこの人、俺の天敵じゃないか!
普通こんな盾を持つプレイヤなぞ存在しない。
冗談でやっているやつくらいだ。
でもこの子、いやこの人はマジでこの盾を使っている。
そして巧い。
フェンネル無しでこの子に勝つ?
もうこの子でいいや。
きっと高校生だ。
女の子だ。
人型の性能はこっちが上だ。
勝って当然のはずだけど・・・
俺は集中力を高めた。
結局テストバトルの制限時間10分、全てを使っても決着はつかなかった。
そしてこちらの攻撃で命中させたのが、ビーム砲1発と、意表をついた予備搭載のフェンネルの攻撃だけ。
こっちは何発当たっても不思議ではないくらいだったが、運良く最初にかすって以来、攻撃はくらわなかった。
でも少し何かが、他に気がいくような実戦だったら、俺は負けていたかもしれない。
この後チョビに、じぇにぃともテストバトルさせてみたら、あっさりじぇにぃに負けていた。
まあ初戦だったから、じぇにぃが強いのはわかるけど、相性ってのもあるのかもな。
あの盾も、じぇにぃの強力なライフルには、腕が盾を支えきれずにいたしね。
だからこそ、今後チョビには良い機体に乗ってもらおう。
きっともっと強くなる、そう確信した。
ちなみにチョビは小学生で、夜11時までしかプレイできないらしい。
そして日曜の昼間も、親に注意されてできないらしい。
全くもったいない。
この子が完全体だったら、我が軍の優勝確率が倍増だったのになぁ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト