★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

疾風のように

拠点エリアに入ると、敵が多数潜んでいた。
こんなところで戦闘すると、コロニーの生産性は落ちるし、防御力も大幅に下がる。
それでも大量の人型を潜ませていたって事は、それでも守らなければならない理由があるっていう事だ。
 今日子「拠点の中に敵多数!」
 アライヴ「これは資源ウハウハですよw」
 LOVEキラ「俺も行く!やられんなよ!」
俺と今日子さんだけで、多数を相手にする不利な状況だが、俺はワクワクしていた。
今日の俺は調子が良い。
負ける気なんて、微塵もおきなかった。
実際、俺達は二人で、敵の人型を打ち破って行った。
将官クラスの強い人も中にはいたようだが、夢さんやカズミンさんと比べれば、赤子も同然だ。
それにしても、将官クラスの人が身を挺してまで守ろうとするコロニー、ますます落とした時が楽しみだ。
と同時に疑問もわいてきた。
たとえば軍所持の資源の半分があるコロニーだったとして、俺はそこを命がけで守るだろうか?
いや、全ての資源を置いていたとしても、生産性があれば再戦にかけた方が賢い。
なら何故、あの美菜斗さんが、そんなコロニーを守らせているのか。
もしかしたらと思った時、視界の隅に、美菜斗さんの人型、マサムネをとらえた。
まさか、大将がこんなところにいたのか。
俺はフリーズしかけたが、すぐに通信を送った。
 アライヴ「美菜斗の人型、マサムネを発見!うはw」
 今日子「マジで!」
 サイファ「このチャンスは逃せない!全員突撃!!ww」
 LOVEキラ「うっひょー!!」
サイファ軍は、一気にテンションが上がり、祭りのようだった。
 キャンサー「じゃあ私は、戦闘不能の人型回収してるねw」
しゃこたんだけは冷静だった。

この直後、サイファ軍の人型が集まる前に、俺はあっさりと美菜斗さんを倒していた。
時計は、23時52分だった。
美菜斗さんは、後継ぎとして下杉影虎を選んでいた。
下杉影虎さんは美菜斗さんの腹心で、他のゲームでも共に戦っている有名人だ。
名前はこんなだけど、女性という話もある彼女もまた、楽しくゲームをする人気プレイヤで、多くの人から支持されている。
でも、やはり美菜斗さん程の求心力はなく、サイファさんからの話になるが、本日捕らえた捕虜たちの半数は、下杉影虎軍へと戻る事はなかった。
そして、捕虜から聞いた話によると、このコロニーでは、明日完成予定の新兵器が開発中で、それをもって、サイファ軍を攻める予定だったらしい。
その1日前にチャンスが訪れ、結果はこのとおりだ。
もし、ダイユウサク軍の地球降下作戦が、1日遅れていたら。
ジークがダイユウサク軍を攻めなければ。
俺が紫陽花さんに、おいてけぼりにされなければ。
しゃこたんが偶々ゲームに顔を出したのも、全てが良い方向に重なって、不敗だった美菜斗さんは敗れる事となった。
負ける時はこんなにもあっさりとしているものなのか。
それでも、1週間もすれば復活する事が可能だ。
俺達はこのチャンスをものにする為に、ジーク軍、サイファ軍、ダイユウサク軍と、阿吽の呼吸か、それぞれの意思と判断で、1週間の間に下杉影虎軍に大きなダメージを与えた。
それが原因か、それとも最初から戻る気は無かったのか、美菜斗さんは、ゲームの離脱を宣言した。
すると、攻めていた俺達以外の軍も、下杉影虎軍に攻撃を開始し、美菜斗さんの敗戦から約2週間で、最大勢力だった美菜斗軍は、完全に消滅した。
あっけなかった。
この時俺は少し、気が抜けてしまっていたかもしれない。
それでも、これでいよいよ、次はジークか、それとも夢さんのいるダイユウサク軍との対戦だと思うと、俺は再びエナジーが沸き立った。
どちらも強敵だ。
でもどちらが相手でも負けない。
そう意気込んだが、直接対決は、まだもう少し先の話。
まだまだ予期せぬ事が、俺達を待ちうけていた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト