★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

静かな日々

テンダネスが修理中で使えなかった日から、俺は少し前から計画していた、水陸両用人型モノトーンの宇宙戦を実践していた。
理由は、モノトーンのレベルを上げる為。
しかし水陸両用人型を、宇宙で使うなんて普通あり得ない。
だけど、意外と環境が似ているからか、それともただのゲームだからか、不可能ではなかった。
仕様追加の改造を行ったら意外に早く完成した。
これにウイングでもつければ、どこでも戦える万能人型の完成だ。
と言っても、あのテレビアニメで有名な白い奴は何処ででも戦っていたし、ぶっちゃけあれをパクっていると思われるゲームなので、この程度はアリなのだろう。
俺は不思議な感覚で宇宙にでた。
 チョビ「なんかうけるw」
 みゆき「だねwただのバカみたいw」
 アライヴ「うるさいなwま、俺も自分で凄く変な感じだけどなwww」
水陸両用の人型は、宇宙で戦う人型と比べれば、頭が大きくまるい感じだ。
水中での移動は、水の抵抗を避ける為に、頭から進む感じになるからだ。
宇宙でそれをやると、頭突きしているように見えて面白い。
水どころか空気すら無い空間で、頭から進むメリットはなさそうだ。
 アライヴ「でも意外と戦えるなw」
 みゆき「全然戦えてないから!!!www」
ま、確かに、未だに1機も落とせてはいないけど。
でも、こちらも全くダメージをくらっていない。
瞬発力には劣るけど、トップスピードに乗った時のスピードなら、飛行タイプの人型のような戦い方ができる事がわかった。
あのアニメで表現するなら、モビルアーマーって事ねw
ただし、あのアニメに出てくるこのタイプは、火力があるから強いわけだが、これはただの人型なので、その利点はない。
不利な戦いをする事にかわりはなかった。
俺はなんとか弱っている敵の人型を1機撃破した。
 アライヴ「ふ~なんとか1機w」
パイロットはもちろんNPCだろう。
これで対人とか、まだしばらく無理そうだった。
 みゆき「私の方が今日は倒してるねw勝ったら初めてかも~」
みゆきちゃんの言うとおり、一緒に出撃して、みゆきちゃんの方が俺より多く墜とすなんて事は、おそらくなかったように思う。
そう言われると、なんとなく悔しくなった。
 アライヴ「まだ終わってないーー!!」
俺は一番弱そうな人型を探して、突進していった。
結局この日落とせた敵機は、2機だった。
みゆきちゃんに負けて、ちょっと悔しかった。

こんな戦いを続けて、1カ月が過ぎた頃、ようやくレベルが6になっていた。
これで一応、問題なく動かす事ができるレベルだと言われている。
俺クラスのパイロットだと、それでも動作ブランクを感じるが、パソコンの性能などでも、これくらいのブランクを感じる事がある。
ま、一般的には、問題無いレベルって事だ。
これだけ動けば、地球での水中戦も大丈夫だし、一応紫苑さんに報告しておこう。
紫苑さんには、ここ1カ月色々配慮してもらっていた。
紫苑さん本人はそうは言っていないが、比較的弱そうなところを、我が紫陽花部隊にまかせていた。
我が軍もいつの間にか大所帯になっていて、担当を決めて、紫苑さんと行動を共にする事は減っていた。
ちなみに我が軍の現状を説明すると・・・
紫苑さんの主力部隊、紫陽花さんの紫陽花部隊、スピードスターさんの星部隊、小麗さんの月天が中心のサラ部隊が、攻撃担当。
敵の強さに応じて、単独で攻めたり、行動を共にしたりしている。
本拠地の守りは壁さんが担当。
地上最前線基地の守りは、アブサルートさんだ。
宇宙の守りと管理は、レイズナーさんが仕切り、スクランブル担当として、てけとー部隊とジークさんがいた。
それにしてもこのところ、各軍大きな動きがなくなっていた。
こう着状態と言うか、なんとなく静かと言うか、前回の宇宙の絆の時の、ジーク対連合軍の大戦を思い出す。
俺は少し気になって、久しぶりに2chを除いてみた。
此処の掲示板では、日々情報戦が行われている。
ただの誹謗中傷も多いが、時々真実も存在する。
真実と嘘を見分ける事できたら、戦いはかなり有利に進められるだろう。
それにしても、改めて見て、嘘が多い事が分かった。
ジークと紫苑が繋がっているだとか、ダイユウサク軍がそろそろジーク軍に前面攻撃を考えているとか、紫苑がサイファに対して、次の同盟終了時に攻撃を仕掛けるだとか、冷静に考えてあり得ないだろう。
ま、強いチームを敵視させて戦わせたいのだろうけど、サイファさんとは最後まで仲良くする約束だし、裏切られるなんてこれっぽっちも思っていない。
向こうもおそらくそう思っているはずだ。
ダイユウサク軍に関しては、強い人達も多いし、ジーク軍を攻める事もあり得るとは思うが、前作の戦略や、夢さんと話をしてみて、それはあり得ないと思う。
俺は続けて、古いレスから順番に読み進めていった。
このあたりは、査定基準が発表された時か。
「3位アライヴってだれよ?ww」
なんてのもある。
そらそうだな。
なかなか大将以外の名前ってのは出てこない。
実際戦った事のある人なら分かるかもしれないが、まだまだ戦った事の無い軍は沢山ある。
きっと、強い人もいるのだろうな。
少しのワクワクと、かなりの疲れを感じた。
そろそろレスの日付が、ここ数日まできていた。
ようやく読み終えられそうだ。
「アライヴ、水中戦用人型で宇宙で戦っとるぞw落とすなら今だぞww」
もう乗らないけどね。
次は久しぶりに、テンダネスか、キュベレイで出るよ。
そんな事を考えながら、最後のレスまできた。
読み終わった。
特に気になる事は無かったな。
そう思ってブラウザのタブを閉じようとしたが、何かが引っかかった。
あれ?最後のレス。
そのまま見過ごしそうになったが、チラッと見えた文字に、俺はもう一度見直した。
「賞金見て参戦か?美菜斗よ。もう入る余地ねぇぞw」
このレスを見た瞬間、間もなくゲームが大きく動き、荒れる予感がした。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト