★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

覚醒

向かってくる大量のミサイル。
俺に、かわす術は無かった。
いや、無いはずだった。
俺は無意識のうちに、フェンネルを前方に、半球状に出していた。
さっきチサトさんが「シールドフェンネル」とか言っていたからだろうか。
それとも、俺のフェンネルへの信頼からだろうか。
両方かもしれないし、どちらでもないかもしれないが、とにかく俺は、ミサイルにフェンネルをぶつけて、九死に一生を得たようだ。
やろうと思ってやったわけではない。
体が勝手に動いた。
自分でも信じられない。
俺、覚醒した?なんて思って、少し嬉しくもあるが、まだ現実感が無かった。
そして今も無意識のうちに、ジークの要塞へと向かっていた。
 ドリーム「ちょっと負けちゃったwやるねぇ!」
夢さんの通信に、俺は我にかえった。
どうやら夢さんも無事、あの壁を突破したらしい。
そしてどうやら、俺は夢さんよりも先に、あの壁を突破したようだ。
夢さんに勝ったのか。
仲間があっての勝利だが、勝ちは勝ちだ。
俺は顔がにやけた。
それでも、さっきの自分はなんだったのだろう。
今一受け入れられず、俺に慢心は全くなかった。
 アライヴ「まぐれだよ。なんか勝手に体が動いてさ。」
俺は正直に話した。
すると夢さんは、それが当然と言わんばかりだった。
 ドリーム「ん?いつも勝手に動くよ。違うの?」
それを聞いて理解した。
いつも夢さんは、さっきのあの感覚の中で戦っているのではないか。
だから人間業とは思えないスピードが得られるのではないか。
もしそうなら、勝てるわけがない。
でも、もしさっきのアレが、再び俺にできるなら、ようやく俺は、夢さんに追いついたのかもしれない。
今更ながらドキドキしていた。

突破したのは、俺と夢さん、そしていつの間にか、カズミンさんもこちら側にいた。
俺は要塞を目指したが、夢さんとカズミンさんは、後方から艦船を攻撃していた。
ありがたい。
残った仲間の事は、任せて大丈夫そうだ。
俺はただ一機、広がる空域を突き進んだ。
そして間もなく、要塞内へと突入した。
要塞内は、静かだった。
本来ジークから見れば、紫苑軍は敵であるわけだから、防衛機能が働いていたら、攻撃があるはずだ。
それが無いって事は、この辺りの防衛システムは既に破壊されている事になる。
当然だが、美菜斗軍にやられたのだ。
これは一刻の猶予もない。
俺は先を急いだ。
しばらく進むと、両軍の人型の残骸が、そこかしこに見られるようになった。
この辺りから、本格的な戦闘が行われたのだろう。
美菜斗軍の人型が一機、こちらに攻撃してきた。
俺は軽くかわして、敵機をビームソードで切りつけた。
その後も要塞内で、何度か美菜斗軍の人型と戦闘した。
俺はことごとく勝利する。
そして、もうすぐ司令室のある拠点エリアに入ろうかという辺り、広くなった場所で、信じられない光景を見た。
無数の人型が、その空間を埋め尽くすように漂っていた。
屍がゾンビとなって、行く手を阻んでいるようだった。
これだけ沢山の人型が、導入された大戦争、それほどまでに重要な戦い。
此処でジークが負ければ、美菜斗軍に宇宙は制覇されるって事だろうと理解した。
人型をどけながら、俺は進んだ。
一刻も早く進みたいのに、本当にじれったい。
それでも焦らず、俺は残骸の海を渡り、ようやく拠点エリアへとたどり着いた。
さて、此処からは迷路だ。
そして、より一層美菜斗軍とはち合わせる可能性が高まる。
それでも俺は全速で司令室を目指した。

拠点内では、何度も美菜斗軍の人型と遭遇した。
その度に俺は速攻で倒して、先を急いだ。
そんな時、通信が入った。
 紫苑「その有人要塞阿蘇山、美菜斗に持ち主が変わってるんだけど。(^0^)」
どういう事だ?
ジークは司令室にいたのではなかったのか?
この拠点が落とされたからと言って、ジークが負けるわけではない。
生き残る事が目的なら、別に司令室を放棄して、何処かに時間切れまでかくれている事もできる。
俺はふと思いついた。
隠れるのに、うってつけの場所。
さっき通ってきた、屍の海。
木を隠すなら森の中。
人型を隠すなら、人型の中。
俺はまた無意識に、先ほど通ってきた、人型の残骸の海を目指して、来た道を戻っていた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト