★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

ジーク再び

最近の俺は、フェンネルダガーと、シールドフェンネルを試していた。
あの大人気アニメのファングと、シールドビットをパクったものだが、今一使い勝手が悪いからか人気は無く、使う人はドンドン減っていた。
まずフェンネルダガーから説明すると、大きさはフェンネルの約3倍で、フェンネル3機のスペースに1機しか搭載できない。
攻撃は、簡単に言えばフェンネルの突撃で、それで相手を斬りつける。
それなら、フェンネルでビームを撃った方がコストも良いし、スピードも速く、要するに、バリア対策のミサイル程度にしか役に立たないと分かった。
それでも俺はあの大戦で痛い目をみたので、フェンネルダガーを4機ほど、テンダネスに搭載する事にしていた。
次にシールドフェンネルだが、こちらも微妙だ。
大きさはフェンネルの約4倍で、専用の搭載ボックスが必要となる。
この時点で、人型の動きが落ちる事が想像され、あのアニメと同様、狙撃タイプの人型でしか使えそうにない。
数が無いと大きな効果も望めず、シールドフェンネルを使うくらいなら、盾を持った方が使えるってのが、一般プレイヤの評価だった。
だけど俺は、フェンネルを盾にして攻撃を防いだ経験もあったので、2機だけ、フェンネルのスペースを削って、搭載ボックスを肩のあたりにつけた。

さて、今日もまた俺達は、地道に領地拡大する為に出撃する。
最近はどの軍もおとなしく、積極的に動いているのは、俺達くらいなものだ。
もちろんあちこちで、小さな戦いは行われているが、どうでも良いような要塞の取り合いで、戦略性が見受けられない。
俺達が領地を拡大するのは、生産性の拡大の為に有人要塞とコロニーを取る事もそうだが、強さを誇示する事も大切な目的だ。
美菜斗軍だけではないって事を示さなければ、みんなあちらに味方しかねない。
それでなくても美菜斗さんはネットゲームのカリスマなのだから、得意になって見せつけるくらいでないといけないと思った。
 アライヴ「そろそろ出るよ!」
 紫陽花「了解~よろしく!」
俺は再び、紫陽花さんのパープルフラワーと行動を共にしている。
大戦の時は久しぶりに紫苑さんのパープルアイズに乗ったけれど、どうもしっくりこなかった。
俺の帰る艦船は、もうパープルフラワーなのだな。
今日も必ず此処に戻ってくる、そう決意して出撃した。

戦闘は今日も絶好調。
なんの問題も無い。
フェンネルダガーを使ったり、シールドフェンネルで何処まで守れるか試したり、それでも楽勝なのは、俺が成長した証拠だろう。
今なら水陸両用のモノトーンで戦ってもそれなりにやれそうだ。
俺は勢いにのって、敵の要塞内へと入って行った。
外にもまだ敵は残っていたが、楽勝だし、あとはチョビとみゆきちゃんでなんとかなるだろう。
それにチョビはもう完全体だ。
何かあっても、戦闘終了まで戦える。
チョビの話によれば、毎日のように、母親から200万円は?なんて聞かれるらしい。
ご安心くださいお母さん。
おそらく今では、金利で400万円くらいに増えてますよ、きっと。
そんな事を考えながら、楽しく要塞の防衛機能を無力化していった。

もうすぐ20時になろうかという頃、要塞エリアから、拠点エリアへと入ろうとしていた。
その時、紫苑さんから通信が入る。
 紫苑「ダイユウサク軍の最前線コロニーが、ジークに落とされた。(^0^)」
なんと、とうとうジークが動き出したのか。
それにしても、よくもまあ2カ月で立て直して、ダイユウサク軍のコロニーを落とせたものだ。
やはり地球に拠点を持つ事は、かなり有利だという事か。
ちなみに、ダイユウサク軍や美菜斗軍は、未だに地球に拠点を持っていなかった。
ただ、美菜斗軍に関しては、息のかかった軍がいくつもあるだろうから、機会があれば一気に美菜斗軍へと変わるだろうし、あると言って差し支えないだろうけどね。
それにしても、ダイユウサク軍の拠点がこんなに簡単に落とされるとは、どうも信じられなかった。
 アライヴ「ダイユウサク軍、何かあったのかな?こんなに簡単に落とされるなんておかしいよね。」
俺の疑問は、当然の疑問だと思う。
だから紫苑さんも、その辺りの情報を集めていた。
 紫苑「どうやら、今、地球降下作戦を決行中らしいよ。チャレンジャーだね。ま、空家を狙われたって事かな。」
 アライヴ「ジークはそれを知っていたのかな?」
身内だけの軍、情報が漏れる事はないと思うが、そう考えなければ、説明がつかない。
 紫苑「どうやらジークは、地球周りの空き要塞を占領して、宇宙に返り咲くつもりだったって話も。」
 アライヴ「そしたらたまたま、ダイユウサク軍のコロニーが空き屋同然だったんで、攻めた感じ?」
 紫苑「うん。」
まさか、そんな偶然が。
でも、実際そうなっているのだから、これに対してなんらかの対応が必要になるかもしれない。
本来、ジークとダイユウサク軍の戦いは、現状あまりよろしくない。
美菜斗軍に有利になるからだ。
こんなタイミングなら、美菜斗軍も自由に動けるというもの。
俺達4軍と、美菜斗軍がにらみ合っているから均衡を保っているが、4軍が内輪で争ったりしたら。
 紫苑「くるか?」
 アライヴ「美菜斗さんなら、きっとこんなチャンス逃さないかと。」
俺達がそう言った直後、嫌な予感は現実となった。
 レイズナー「美菜斗軍が領内に侵攻してきたぞ。」
 紫苑「紫陽花、チョビとみゆきだけ乗せて、ネコミミに急行!」
 アライヴ「俺は?」
 紫苑「自力できてくれwテンダネスなら、そんなに時間もかからんよね?」
 アライヴ「いや、艦船と比べれば2倍はかかるかと。」
 紫苑「頑張れ!」
こうして俺は、パープルフラワーに帰る事ができなかった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト