★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

謎のコロニー

なんでもないコロニー戦を開始してから間もなく、紫苑さんから通信が入った。
どうやらジーク軍とダイユウサク軍は、快進撃を続けているようだ。
そして紫苑軍も、もう間もなく美菜斗軍領域へ入るとの事。
紫苑軍が作戦行動中に、別の軍で助っ人をしているのは、なんだか変な感じだが、今日だけはそれも良いだろう。
なんせアイドルと一緒なのだから。
俺は注意力が散漫としていたが、戦闘の調子は良い。
俺って、考えて戦わない方が良いかもしれないなんて思った。
それにしても、さっきからなんだかおかしい。
倒しても倒しても、一向に敵が減らない気がする。
援軍でもきているのだろうか。
この程度のコロニー、最悪捨てても、美菜斗軍にはなんの問題も無いように思う。
だから援軍なぞあり得ない気もするが、まあ良い。
それだけしゃこたんと一緒に戦っていられるわけだから。
直後、サイファさんと真でれらさんも、コロニーふにょにょにょにやってきた。
 アライヴ「サイファさん、この程度の戦い、任せてくれても良かったのにw」
俺はしゃこたんを独り占めしたかったのか、自分でも理解できないくらい調子にのっていた。
 サイファ「俺も久しぶりに、カニさんと一緒にやりたかったんだよ。」
 真でれら「俺もいれてくれよw前作では俺とカニさん二人で、サイファ軍の双璧と言われてたんだからなw」
二人とも、ゲームの戦略としてではなく、個人的欲求を満たす為にやってきたようだ。
聞き流すところだったが、真でれらさんと双璧って事は、しゃこたんって、守りの方が得意なのかな?
さっきの戦いを見ていれば、完全に攻撃タイプだと思っていたけれど、もし守りの方が得意だというなら、恐ろしい人だな。
そんな事を考えている時、俺は我に返った。
あれ?俺、戦いながらでもチャットしている。
俺は二人に返事を返そうと思ったが、タイピングする隙が見つからない。
もしかして、コレが無意識の領域だろうか。
手元を考えずにやってるとできるのに、いざ考えるとできない。
そう言えば、以前友達と話した事がある。
ブラインドタッチは、無意識ならできるが、考えて打とうとすると遅くなると。
タイピングゲームなんかすると、日本語だと早く打てるが、アルファベット一文字だと、意外に打てなかったりする。
結局、体が覚えているんだよって事で結論付けたが、あながち間違いでもないと思った。
サイファさんと真でれらさんが駆け付け、すぐに決着がつくだろうと思っていたが、意外に手こずっていた。
どうも、倒しても倒しても、敵が減らない気がするのは、気のせいではないらしい。
俺は無意識に通信していた。
 アライヴ「敵が全然減らない気がする。」
するとサイファさんが、何をいまさらって感じで返事を返してきた。
 サイファ「援軍がドンドン集まってきてるじゃん?あれ?気がついてなかった?」
 アライヴ「ええ。戦闘に集中していたみたいです。」
戦闘に集中ってよりは、なんだか楽しい気分を味わって戦っていただけなんだけれどね。
 サイファ「ごめんごめん。どういうわけか、敵の援軍がドンドン来てるんだよ。きっとこのコロニー落とされるとかなりまずいんじゃないかな?」
言われて理解した。
今更美菜斗軍にとって、1つのコロニーなんて、被害を出してまで守るものでもない。
そこを防衛してきた事で、此処が重要である事がわかるじゃないか。
普通に考えると、サイファ軍を攻める最前線基地である事から、資源が多く置いてある事が考えられる。
今回の美菜斗軍の動きをみれば、次のターゲットはサイファ軍であったと予想できるからだ。
ジーク軍とダイユウサク軍の争いを見て、紫苑軍にけん制攻撃を入れて、サイファ軍に攻めていったのが何よりの証拠。
 アライヴ「資源が美味そうですねw」
 サイファ「落としてくれるか?w」
 アライヴ「任せてください!」
 今日子「頼もしいねwでも落とすのは私よ!」
実際は、ドンドン敵が増える中、勝てる可能性は徐々に減っているはずだった。
でも、何故か今の俺達に、勝てないなんて考えは、頭の中に無かった。
それもこれも、アイドルの「頑張ってね!」の一言が力となっている事は、疑いようがない。
アイドルって恐ろしいと思った。
その恐ろしいパワーに引っ張られ、徐々に形勢を逆転していた。
援軍が大量にやってきた事で、明らかに戦況は不利だったのに。
「頑張ってね!」パワーは凄いな。
そしてそれだけではない。
しゃこたん自身の快進撃も、俺達を勢いづけた。
 アライヴ「カニさん凄いねw実は攻撃の方が得意だった?」
 キャンサー「前の時は、守り重視でやってたもんねw」
 真でれら「なるほど。艦船のチューニング次第で、どちらも強かったのねw凄すぎるw」
「しゃこんたん、末恐ろしい子」なんて言うと意味が違うが、感覚としてはそう言いたい気分だった。
23時を回った頃、この領域の空域は、全て支配していた。
宇宙空間に、これだけの人型が戦闘不能で漂っているのも初めてみる。
後1時間しかないが、コロニーなら軽く落とせるだろう。
 アライヴ「では、コロニー攻略行きますねwあ、最後はもちろん任せます!」
普段なら「今日子さん後は任せました!」なんて言うところだ。
サイファ軍の突撃隊長LOVEキラさんもいるから援護も必要無いし、俺がコロニーを落としてしまうと、紫苑軍の所有コロニーになってしまうから。
でも今日は、なんだかまだまだゲームをしたい気分だし、もしかしたら、拠点エリアにも敵がいるかもしれない。
そしたらまだ戦える。
 サイファ「じゃあよろしく!」
 キャンサー「頑張れよ、おいw」
 今日子「一人でも大丈夫なのにw」
 LOVEキラ「じゃあ俺は此処でカニさんとチャットしてようw」
 真でれら「w」
 アライヴ「ガーン!w」
こうして俺と今日子さんは、コロニーの拠点エリアへと入って行った。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト