★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

アイドル中山西子

地上戦を始めてから、既に1週間が経っていた。
紫苑軍の、地上戦素人の面々も、だいぶ戦い方をつかみ始めていた。
そんなある戦闘1時間前、グリード軍本拠地のジャングルには、オンしているメンバーが集まっていた。
別に集まる事はそれほど珍しくはないが、今日は珍しい仲間がオンしており、それがきっかけで集まっていた。
 サイファ「カニさん、仕事忙しそうですね。」
 キャンサー「うん、でもせっかく盛り上がってるし、ちょっとでも参加したくてぇ~w」
 真でれら「それにしても、喋り方変わりすぎ~」
キャンサーさん。
通称カニさん。
カニさんは前作で、サイファ軍所属の主要メンバーのひとりだ。
打ち上げにも参加していて、その時に分かったらしいのだけれど、結構有名な女優だったのだ。
名前を「中山西子(なかやまにしこ)」通称「しゃこたん」と呼ばれている。
前作の頃は今ほどは売れてはいなかったので、ゲームにも結構参加していたようだけど、今では超売れっ子で、アイドル業、歌手、タレントと、忙しくてゲーム参加どころでは無くなっていた。
しゃこたんが宇宙の絆をやっていた事は、ファンの間では有名だけど、それがどのキャラクターなのか、知る人は少ない。
ゲーム終盤までプレイしていた事は、しゃこたんブログに書いており、ジーク軍、紫苑軍、サイファ軍、ダイユウサク軍、グリード軍あたりに所属していた事は予想されている。
そして俺も今日まで、しゃこたんがサイファ軍にいた事は知らなかった。
 キャンサー「うむ。俺おかしいか?(笑)」
 LOVEキラ「ははは、カニさんだ。」
カニさんは、どうやらばれないように、前回では男喋りしていたらしい。
ネカマもいれば、その逆もあるって事ですな。
 アライヴ「それにしてもあのしゃこたんがサイファ軍にいたなんて。そして話せるなんて嬉しいです。」
俺はちょっと浮かれてしまっていた。
 紫苑「ハンドルハンドル」
 アライヴ「あっ!すみません。」
ゲーム内では、個人を特定できるような事は言わないのがマナーだ。
俺は浮かれてつい、しゃこたんと言ってしまった。
 キャンサー「大丈夫だよw特に隠してるわけでもないから。」
 サイファ「えっ?マジっすか。でも騒ぎになるかも…」
そのとおりだ。
あの、今や超アイドルのしゃこたん、それがココにいるなんて知ったら、みんなが集まってきかねない。
と、思った直後、チャットに大量の反応があった。
グリード軍のメンバーが、一気にキャット通信に入ってきた。
俺の一言でチャット画面は一気に流れ、俺が話に参加する余地が無くなってしまった。
カニさんへの確認や質問が大量だ。
同盟軍入り乱れてのチャットだったので、友軍チャットで行っていたから、ほとんど全員集合だ。
結局戦闘開始10分前まで、カニさんはたくさんの人達といっぺんにチャットしていた。
涼しい顔で。
って、見えないけれど。
流石、オタクアイドルとも言われているのは、伊達では無いって事か。

さて、戦闘が始まったが、そこからも更に大変だった。
カニさんも今日は戦うとかで、人型で出撃。
それをとりまくように、たくさんの人型が、人型キャンサーの周りを固めていた。
キャンサーさんには、1発たりとも攻撃を当てさせるなってのが合言葉のようで、身を挺して守っているようだった。
正に親衛隊のようだ。
敵からすればその行動に疑問を持つのは当然で、逆に敵を集めていた。
今日の戦いは、なんだか満員電車の中で戦うような、そんな感じだった。
敵のほとんどは、カニさんと親衛隊に任せて、俺たちは軽々と本拠地を落とした。
こんなに簡単で良いのか?なんて思っていたけど、親衛隊の多くが所属しているグリード軍の損害は、過去最高だった。
それでも親衛隊の人達は、皆満足そうだった。
損害も多かったが、楽しく勝利できたのだから、それで良いのだと思った。
23時過ぎ、カニさんは戦場から消えていった。
なんだか嵐が過ぎ去った後のような状況が残された。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト