★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

無意識の中の決着

人型の残骸の海に戻ってくるまで、ただただ俺は、向かってくる美菜斗軍を倒した。
それは覚えているのだが、いつからか、どんな戦闘をしてきたかも思い出せなくなってきた。
眠気からだろうか。
それとも疲れだろうか。
俺の意識は、先ほどからハッキリしない。
まる一日以上ゲームをしていれば当然か。
そして今も、更に意識が薄れていくようだ。
そんな状態で、俺は再び残骸の中へと入って行った。
今度は此処でも、敵の攻撃があった。
お互いむやみに攻撃はできない。
戦闘不能となった人型を盾に、敵はこそこそと攻撃してくる。
でも、面倒くさいとか、ましてや勝てないなんて思わなかった。
俺はいつもどおり。
来る敵来る敵、俺は排除していった。
そして少しずつ、屍の海の果てを目指して進んでいった。
とうとう見つけた。
追い詰められたジークが、今、目の前にいた。

その後の事は、もうほとんど覚えていない。
ジークのそばには、群青さんと疾風さんがいた。
四天王の残りの二人、麒麟さんと紅蓮さんは既にやられていた。
その時群青さんと通信してそう聞かされた事を、かろうじて覚えている。
後は24時まで、ジークを守る為に、美菜斗軍の人型を倒しまくっていたようだ。
気がつけば夢さんがいて、カズミンさんがいて、じぇにぃがいて、チョビがいて。
戦闘時間が終了した後、寝オチした俺が目を覚ました時には、有人要塞ネコミミに戻っていた。
俺は慌てて、状況を確認した。
ジーク軍は健在だった。
もちろん、紫苑軍も、サイファ軍も、ダイユウサク軍も、問題なかった。
俺達は、負けなかったのだ。
宇宙の領域マップは、多くが美菜斗軍の領域になってはいたが、ギリギリ対抗できるだけの状況は守れたと言える。
もしあのままジークがやられ、美菜斗さんが完全勝利していたら、もっと多くの人が、美菜斗さんに味方する事になっただろう。
やはり勝てないと諦めていただろう。
勝負が決しようとしていたが、まだまだこのゲームは終わりそうになかった。

美菜斗軍は、大量の物資を投入した作戦だったので、3カ月程度、大規模に戦闘はできない。
いや、おそらくもうこんな戦いはできないだろう。
かたやジークは、本拠地を地球へと移し、復活にかけるようだ。
サイファ軍は、相変わらずの戦いを、ダイユウサク軍は地味に領地を増やしていた。
そして我が軍はと言えば、あの大戦の後、快進撃を続けていた。
まずは曹操軍を叩き、再び地球方面へと侵攻していた。
あの大戦の後、俺は紫苑さんに進言した。
 アライヴ「俺達も、艦長と指揮官を分けて、ダイユウサク軍のように指揮する人が必要ではないかと。」
でも紫苑さんは、その進言を受け入れなかった。
 紫苑「あれはあの軍だからできる事。逆に言えば、あんな作戦は、あの軍の司令官じゃなきゃ出せない。俺達は俺達のやり方を貫く。それでも勝てる!(^0^)」
正直その時は納得できなかったが、俺は紫苑さんに従うしかなかった。
それでも、今の快進撃があるわけで、あの大戦の後、俺達は強くなったと感じられる。
結局は、今までのやり方があっていたのだと納得できた。

大戦から2カ月が過ぎた頃、面白い現象がおきていた。
地球から月の外側二周り分くらいの領域が、ぽっかり空いてしまっていた。
コロニーや有人要塞には所有者は存在したが、要塞は皆取ろうとしなかった。
取っても空家状態。
生産性の無い要塞を維持したり、守ったりするコストがもったいないってわけだ。
それに中心付近は、戦場になる事も多いから、誰も欲しがらなかった。
そんな状況を見て、一人のプレイヤが、その地を狙って動こうとしていた。
そしてまた別の軍が、この状況をチャンスととらえて、作戦行動を開始していた。
この偶然のタイミングの一致が、こう着状態になりつつあった戦況を、大きく動かす事になった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト