★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

発表

今日の軍チャットは騒がしかった。
チャットだけではない。
2chや外部チャットでも、そしてテレビのニュースでも放送されていた。
いよいよ、このゲームの賞金と、査定ポイントの細かい内訳が発表されていた。
査定ポイントに関しては、ちょくちょく個別に発表があったので驚くところはない。
勝てば増えるし、負けたり、裏切ったりしたら減る、当然の配分だ。
テレビで騒いでいるのは、もっぱら賞金総額だった。
俺達から見れば、既に噂されていた事なので驚きは無かったが、20億という事でうわさどおりだった。
では、チャットで騒がれているのは、一体なんなのか。
それは、現状のランキングが発表された事だった。
そしてそれを見て、一番驚いたのは、俺だったかもしれない。
 一生「俺が3位?」
テレビでは、このままいくと誰がいくら貰えるとか、予想までしている。
どうやら俺は3億貰えるらしい。
あり得ない。
ちょっと手が震えていた。
ちなみに1位は、多くの人が予想したとおり、ジーク、2位がサイファさんだった。
サイファさんと俺の差はほとんどなく、次いで4位が紫苑さんだったが、俺との差は結構大きかった。
ジークトップの内訳をみると、あらゆるポイントが多く、中でも買い物ポイントが多かった。
どれだけ買ってるんだとも思ったが、なんだかゲームに関係ないポイントが多いのもどうだろうか。
それがなくても1位だけどね。
サイファさんは、レベルの高さと、友好関係、共同作戦ポイントが多かった。
そして俺は、プレイヤキル、PKポイントが多かった。
プレイヤキルにデメリットが設定される前、俺は大量のプレイヤキルを続けた。
今では安易にプレイヤキルできないようになっているので、この3位は今だけのものであると理解できた。
ちなみに、一緒にプレイヤキルをしていたじぇにぃは、13位だった。
俺達二人は、いままでどおりやれば、確実にこの順位より落ちるのだろうと思った。
 一生「でも、10位くらいはキープできるんじゃね?三千万くらいは貰えるんじゃね?」
俺はちょっと浮かれていた。

今日の戦闘は、なんでもない戦闘のはずだった。
しかし、金が目の前をちらつくというのだろうか、戦闘が雑になってしまっていた。
 一生「しまった!」
俺が声を上げた時には、背後をとられていた。
テンダネスに乗っているので、冷静ならばすぐにカメラを切り替えればいいものを、何故か前方へ進んで距離をとろうとした。
すぐに距離を詰められ、背後から斬りつけられた。
 みゆき「どうしたの?今日はなんだか調子悪いね。」
 チョビ「そのぶんがんばる。」
2人から通信が入ったが、俺は返事をする余裕がなかった。
今の攻撃で、テンダネスのシステムに不具合が出て、動きが20%落ちていた。
金の事は忘れてやらないと。
やられて目が覚めた。
そこからは、チョビとのコンビネーションに集中し、上手く敵を倒していった。
致命傷でなくて良かった、強い敵がいなくて良かった。
運があるのかなと思った。

戦闘を終えて、テンダネスをパープルフラワーに帰還させた。
今回の戦闘では、久しぶりにかなりの修理が必要だ。
実際の時間で、1日では直らないように感じる。
こういう場合、リアルマネーをつぎ込めば、即時だったか早くだったか忘れたが、修理する事ができる。
一瞬リアルマネーをつぎ込みそうになったが、こんな簡単な事でつぎ込んでいてはきりがない。
三千万円くらい入ると思ったら、少し金銭感覚がくるってきたのかもしれない。
俺は自嘲し自重した。
修理は結局、次の日の戦闘には間に合わなかった。
これだけやられるのは、俺にとっては敗戦と同じだ。
この敗戦を忘れない為に、俺は切られた背中に、傷の形のペイントを入れた。
背中に稲妻を背負っているような感じになったが、格好良いとは思わなかった。
何処かの漫画に出てくる剣士が、背中の傷は恥だと言っていたが、ホントだなと思った。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト