★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

頂点の戦い

テレビの放送とは関係の無いところで、俺とカズミンの戦いが始まった。
部屋にあるテレビでは、しゃこ式とドリームの戦いが放送されていたが、もうそちらを見る事はできない。
相手は夢さん以上とも言われる実力者、カズミンさんだ。
以前今日子さんが戦って、その強さは理解している。
ドリームの強さを一言でいえば、スピード。
かたやカズミンさんは、巧いと言われている。
こういう戦いで、ハッキリどちらが強いと判断するには、それなりの力の差が必要だ。
それは、相性ってものがあるから。
だからどちらが強いとか、そういう話は、戦ってみるまでわからない。
それも俺から見た強さって事になるわけだが。
まずは様子を見て、長距離から狙い撃ってみる。
普通にそれをかわして、普通に反撃してきた。
相手がドリームだったら、力を誇示する為にまっすぐ突っ込んでくるが、カズミンさんは突進してくる事はないようだ。
今のところ強さの欠片も感じない。
でも、強いと言われている人。
油断はできない。
今度は、最初にビーム砲でけん制してから、2発目のビーム砲を当てにいく作戦だ。
思ったとおり減速し、1発目のピーム砲をかわして来た。
俺は2発目を狙い撃つ。
とその時、こっちが2発目を撃つ前に、向こうから攻撃が飛んできた。
 一生「うお!」
ビーム砲をかわすタイミングで狙い撃ってきた?
なるほど巧い。
だが、カウンターなんてものは、戦いでは常套手段。
それくらいやる人は山ほどいる。
よし、今度はそのカウンターにカウンターを返してやる。
そう思ってビーム砲を発射しようと思ったら、今度はこちらが撃つタイミングで撃ってきた。
 一生「やべ!嫌な攻撃してくるな。」
それに正確だ。
並のプレイヤなら、コレでジエンドだったかもしれない。
出し惜しみしても仕方ない、俺はフェンネルを展開した。
これあっての俺なのだ。
フェンネルの攻撃と呼応して、俺は攻撃を強めた。
しかし直後、4機のフェンネルが一瞬にして墜とされていた。
動きに規則性があるとはいえ、小さなフェンネルを落とすのは、簡単ではない。
それでも時間をかければ墜とされる事もある。
でもこんなに早く、1発のミスもなく、完全にフェンネルを墜とすとは、なんだこの人は。
チョビのように高性能の盾を持っているわけでもないのに。
みんなが巧いと言うのが、本当の意味で理解できた。
それでも、巧いだけでは俺は倒せない。
夢さんには圧力を感じたが、この人からは圧力を感じない。
俺は今度は、カズミンへの接近を試みた。
と同時に、正面からビームが飛んでくる。
俺は左にかわそうとしたが、一瞬見えたカズミンの動きに、咄嗟に上へとかわしていた。
本来移動していたであろう場所を、ビーム砲が通り過ぎた。
なんだこの人、俺の動きが分かるのか?
確かに、ビームをかわす時には、左右どちらかにかわす事がセオリーだ。
何故なら、人型は縦に長く、上下だとそれだけ大きく移動しなければならないからだ。
だから左右どちらかだと山を張って攻撃する事はある。
でも、カズミンさんの攻撃には、何故かそうは思えない何かがある。
よし、もう一度。
俺は再び突進を試みる。
同じように正面からビームが飛んできた。
今度は最初から、上にかわそうとした。
するとやはりというか、上に攻撃が飛んでくる。
おそらく来るだろうと思っていたから、なんとかギリギリのところで当たらなかったが、これはやはり読まれている。
強い敵を前に、俺はテンションが上がってきた。
この人に勝つなんて、面白すぎる。
俺はどういうわけか、負ける気がしなかった。
次はシールドフェンネルを出した。
出したのは1枚だけ。
これなら撃ち落とされる心配はない。
なんせ盾だから。
もちろん、威力の強い攻撃や、何度も攻撃を受けていれば破壊されるが、見たところ、カズミンに強力な武器は見受けられない。
俺は再び突進を試みた。
正面にビームが飛んでくる。
俺は右にかわそうとする。
すぐに右側への攻撃をするカズミン。
しかしこれはフェイント、シールドフェンネルを盾に、俺は真っすぐ突っ込んだ。
今まで落ち着いた動きをしていたカズミンが、初めて大きく移動する。
ようやく人型の戦いが始まった感じだ。
俺は尚も追いすがる。
正確な攻撃は、最小限の回避とシールドフェンネルで凌ぐ。
もうすぐ近接戦闘に持ちこめる。
そう思った時、俺が武器をビームソードに変更する直前のタイミングで、カズミンが進行方向を急に変えてこちらに向かってきた。
絶妙なタイミングだ。
これだと、ビームソードに切り替えたとしても、一拍攻撃が遅れる。
だがこれは計算済み。
カズミンさんならこれくらいはしてくると予想していた。
おれはフェンネルダガーを出した。
数は2機。
実はフェンネルダガーは、2機までなら、自分で操作する事ができる。
その場合両手の操作機能を失うが、代わりに両手のようにフェンネルダガーを動かせるというわけだ。
手ほど自由には動かないが、どこまでも伸びる手を操るような感覚になる。
だか攻撃する刃の部分が短く、決して使える武器とは言えない。
それでも、意表を突く事はできたはずだ。
さあ、この攻撃をかわす事ができるのか?
と思った瞬間、フェンネルダガーは2機とも斬り落とされていた。
お互い爆発を避けるように後方へと下がった。
 カズミン「今のはなかなか危なかったよ。でも、そういった奇策は、うちのチサトさんが得意なんだよね。日頃から戦いなれているんだよ。」
 アライヴ「なるほど。真っ向勝負でしか、カズミンさんには通用しないのかなwではそうしようか。」
俺の通信は強がりだった。
 カズミン「そうだね。一通りアライヴさんの戦い方は見たし、もう僕は倒せないと思うけどね。」
 アライヴ「倒せるのは夢さんだけ?」
 カズミン「今なら8割は僕の勝利だよ。もう手の内が分かっているからね。それでも時々負けるのは、やはりあの人が強いからなんだけど。」
 アライヴ「では、俺なら五分の戦いができるな。」
強がりだったが、楽しくて負ける気がしなかった。
 カズミン「イイネ!では、楽しませてもらおうか。」
俺達は再び、戦闘を開始した。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト