★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

夢へ

コロニーサイド3に到着した時、戦場は荒れに荒れていた。
戦力の少ないまさくん軍が、倍の戦力を持つERROR軍に侵攻したわけだから、まさくん軍は全力で挑んだのであろう。
かたやERROR軍も、要塞戦艦相手では、全力で防衛しないと当然守りきる事はできない。
その結果、この空域に屍が散乱する事になったというわけか。
どうしてまさくん軍が、こうなる公算の高い戦いをしかけたのかは謎である。
もしかしたらジークが、まさくん軍が紫苑軍やダイユウサク軍に味方する事でも恐れて、何か策を弄したのかもしれない。
もしそうなら、バカな事をしたものだって感じだが、俺の考えはただの憶測だ。
とにかく状況は完全に、二虎競食の計。
いや少し意味が違うな。
ふたつの勢力が戦って、疲弊したところを討つ事ができる状況だ。
俺はスピードスターから出撃した。

正に、敵の両軍は疲弊していた。
そこそこの使い手、いや、かなりの使い手もいたようだが、人型が完全ではなさそうで、俺の敵ではなかった。
完全な状況なら、俺も手こずっていただろう。
両軍の頑張りに感謝だ。
要塞戦艦への接近は、スピードスターの甲板に乗せてもらって、一気に近づいた。
かなり傷んでいるとはいえ、要塞戦艦にはそれなりの攻撃力があった。
でも、かなり弱っているこれを奪って、意味があるのかと考えたが、要塞戦艦の最大のメリットは、要塞機能があるって事だ。
修理もできれば補給もできる。
艦船でもできるが、応急処置的なところもあるし、やはり要塞の方が良い。
それに通常の攻撃で落とされる事が無いのがいい。
攻略には、拠点の攻略と同様の手順が必要なのだ。
一応言っておくが、攻撃を受け続ければ、戦闘不能にはなるけれどね。
簡単に、要塞戦艦は、我が紫苑軍の物となった。
当然俺の強さがあってこそだが、間もなく到着したレイズナーさんには、そうは思われていないようだ。
 レイズナー「なんだよ。上手い具合に両軍死んでるな。こんなの誰でも落とせるんだから、任せてくれりゃいいのにw」
いや、光合成さんもいるし、戦力も断然上だから落とせるとは思うけど、そんなに簡単にはいかなかったと思うよ。
少なくともレイズナーさんより強い人は沢山いたから。
言いたい事を胸の奥にしまって、俺はレイズナーさんに後を引き継いだ。
すぐにスピードスターに戻ると、再びダイユウサク軍領域に向かって発進した。

航行中、紫苑さんから入ってきた通信によると、ダイユウサク軍はどうやら、本拠地の有人要塞ドリームダストを決戦の場に選んだようだ。
一応、コロニーと有人要塞には、誰かを残して進んでいるらしい。
もし何処かにひそんでいれば通信がくるはずだが、通信はない。
それに相手はダイユウサク軍、戦いは真っ向っ勝負してくるだろう。
そして、今度は夢さんも必ず出てくる。
カズミンさんも出てくるかもしれない。
次が本当の対決だ。
こちらも大将紫苑さんが陣頭指揮を取っているわけで、勝つか負けるかの勝負になるだろう。
そして勝った方が、ジークに挑む。
あの時、ジークを助けなければゲームが終わっていたかもしれないとは言え、ジークを助けたのは本当に正しかったのか考えさせられる。
助けた事が正しかったと言えるのは、おそらくジークに勝って宇宙統一を果たした軍だけだ。
その軍に、紫苑軍は手の届くところまできている。
長かった。
ゲーム開始から、既に3年目。
紫陽花さんが言っていた。
5年くらいは続けてもらわないと、会社としては辛いとか。
ちゃんと20億払ってくれるのかね。
紫苑さんから通信が入った。
 紫苑「これより、ダイユウサク軍と、再び戦いを開始する。4時41分。(^0^)」
時計は既に、4時42分になっていた。
始まったか。
こちらも高速でとばしているから、到着は5時くらいか。
十分間に合ったと言えるだろう。
俺は人型キュベレイの中で待機する。
補給も整備も終わっている。
完璧だ。
そして間もなく、スピードスターは戦場に到着した。

戦場に入ると、俺はすぐに発進した。
ざっと状況を確認する。
すぐに見つかった、ドリームの名前。
どうやらサラさんが抑えているようだ。
防戦一方だが、俺以外に夢さんを抑えられる人がいた事は、紫苑軍にとって大きな幸運だったと言えるだろう。
チサトさんの相手は、じぇにぃがしているようだ。
バトルグリードでドリームにも勝った事があるらしいじぇにぃ。
じぇにぃは初戦にめっぽう強い。
話しによると、チサトさんは手の内の見えない相手には弱いらしいが、二人は何度か対戦しているはずだ。
じぇにぃに不利な状況と言えるかもしれないが、俺の目には互角に見える。
おっと、ビューティフルベルさん、地球から上がってきたのか。
どおりで、数で圧倒しているのに、攻めあぐねているわけだ。
ダイスケさんとトイキさんのコンビには、同じくゴッドブレスのおとめさんとサウスさん、それにチョビも加勢している。
2対3で互角か。
というか、相手のコンビネーションは見事だ。
3人で勝てないのも納得。
それにしても、カズミンさんがいない。
何処かにひそんでいるのだろうか。
まあ良い。
俺の相手は、夢さんだ。
そう決めて、俺はドリームへと向かっていった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト