★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

地球戦に向けて

諜報活動が終わった日の夕方6時、紫苑さんが仕事から戻ってオンラインしてきたので、最後の報告を行っていた。
偶然だけど、今日は主要メンバーがほぼ勢ぞろいだった。
 アライヴ「ってわけで、地球への侵攻は早いうちが良いと思うし、アイテムを手に入れる事も考えた方が良いかと。」
 紫苑「それは俺も考えてた。」
やはり、紫苑さんは既に考えていたようだ。
でももしかしたら、どうやって地球用パーツを手に入れるか、解決策が無かったのかもしれない。
 アライヴ「それでですね。地球の氷島で、ダイユウサク軍のドリームに会ったんだけど、良い方法を教えてもらいました。」
 紫苑「ほうほう、それで。」
 アライヴ「トルネコ軍にアイテム購入を持ちかけて、画像データでアイテムの情報を得て、研究して生産すると自分で作れるようになるって。」
 紫苑「おお~」
 サラ「流石に、夢ちゃん、考えてるわねぇ~って、まあ考えたのは、別の人だろうけど。」
どうやらこれは、皆思いつかなったようで、関心していた。
 アライヴ「じゃあもう一度、氷島に行って、情報をゲットしてきますか?」
せっかく戻ってきたのに、又行くのはあまり乗り気ではなかったけれど、そうするならもう一度行くのもやぶさかではない。
 サラ「でも、私たちに売ろうと思ってくれる保証もないし、方法はそれだけじゃないわね。」
 アライヴ「えっ?」
なんと。
他にもまだ、地球用パーツを手に入れる方法があると?
買うとか言うんじゃないだろうな。
 サラ「売ってもらう方が早いわね。」
やはり。
でも高すぎるんだよね。
 アライヴ「でも、相場聞いたけど、リアルマネーでバカ高いよ。」
 サラ「まあ、商売してる人から普通に買ったら高いけど、方法はあるわよ。」
なんとまあ。
流石にゴッドブレスの人だ。
この人もダイユウサク軍のメンバー同様、普通ではないって事か。
 サラ「ゲームに参加していない人に頼めば、少しの利益でも応じてくれるだろうし。」
ほうほう。
これは大阪で美夏さんと話した時にでた方法で、具体的にどうすればいいのか分からない方法だ。
 紫苑「ただそれだと、先に現金を渡す必要があるから危険ですな。」
 サラ「そうね。もしくは別アカウントで、地球に拠点を持つ軍に所属して買う方法もあるよね。」
 紫苑「・・・」
 紫陽花「・・・」
 スピードスター「・・・」
3人そろって・・・だ。
古くからの仲間は知っている。
この3人の別アカウントは、サイファ軍に所属したままだと。
それにそもそも、別アカウントは取れない事になっている。
同じPCでは、複数の人が登録できないようにもなっているし。
紫苑さんたちは、親の名前やPCを使っているのだ。
流石にこれ以上は無理だし、他に誰かできる人が声をあげれば、その手を使う事になるのだが。
しかし誰も声を上げなかった。
 サラ「後は・・・」
 紫苑「ゲームに参加していない、リアル友達に頼むか・・・」
流石紫苑さん。
それが一番安心できるな。
しかしよく考えたら、俺には友達いないし、紫苑さんのリアル友達は、同じ軍に結構所属している。
他に、ゲームに参加していない友達がいるだろうか。
みんなが少し沈黙した後、再び声をあげたのは、紫苑さんだった。
 紫苑「まあ、こざかしい事はやめて、真っ向からゲームした方がいいかな。」
おお、紫苑さんは、今のままの人型や艦船で、地球を攻略しようというのか。
それもまた、俺は望むところだ。
 美夏「真っ向勝負で勝てるのか?」
一応、皆が疑問に思う事を、美夏さんが代弁した。
 紫苑「誰も真っ向勝負とは言ってない。ゲームとして正当な方法でゲットしようって事だよ。」
どういう事だろうか。
 サラ「そっか。同盟ね。」
ああ、一番簡単に手に入れられる方法が、これじゃないか。
中立と自軍領だけじゃなかった。
艦船が入港できるのは。
まあそれで購入できるなんて、そんな事は試してみないとわからないし、俺が思いつくはずもないのだけど。
 紫苑「よし、どこかと同盟し、地球用パーツを手に入れる事が、次の作戦だ。」
あらあら、せっかく戦えると思っていたのに、又地味な作業か、俺は少しがっくりした。
しかしその気持ちは、すぐに再び上昇する。
 紫陽花「同盟するとなると、相手に美味しい話しもないと難しいよね。」
 美夏「そうだな。地球にいる奴らは、地球にいる有利さを知っているし、そのメリットをやすやすと手放すとも思えない。」
確かに。
俺が地球に拠点を持っていたら、宇宙からの敵はさほど怖くはないだろう。
地球用パーツが、リアルマネーで高値で取引されるのも、それだけ価値のあるものだからだ。
 サラ「しばらく、同盟軍の為に戦ってあげたりして、領土拡大に協力してあげるとかすれば?」
 紫苑「まあおそらく、リアルマネーで釣る以外は、それくらいだろう。」
 サラ「早速、諜報活動で得た情報が役にたつわね。」
 紫苑「うむwアライヴ、データから、助っ人の欲しそうな所、もしくはこれから大攻勢に出ようとしているところを探してくれ。」
 アライヴ「おけw」
こうして俺たち紫苑軍は、地球所属軍と同盟し、地球での戦闘へと突入していくのだった。
つか、データを見ただけで、俺がそんな事分かるわけがないよ。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト