★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

嵐の中へ

19時を回ったところで、俺達紫苑軍の主力部隊、紫陽花部隊、星部隊は、ERROR軍領域への侵攻を開始した。
とすぐに、レイズナーさんから連絡が入る。
 レイズナー「曹操軍、ほぼ全軍が集まってきてるぞ。本当にカテーナは放棄する方向で良いんだろうな?」
 紫苑「オッケーオッケー(^0^)」
やはり曹操軍が攻めてくる情報は、嘘ではなかった。
ピンチな状況なのに、美菜斗さんが嘘を言っていなかった事に少し安心した。
 紫苑「俺達は、全力でERROR軍を蹴散らすぞ!(^0^)」
 アライヴ「了解~」
 スピードスター「♪」
 紫陽花「頑張ってねw」
相変わらずの紫陽花さん他人事発言に、少し笑えた。
紫苑軍としては、今までで一番の攻勢を受けようとしていたわけだが、俺はワクワクしていた。
やはり戦いは、強敵がいる方が面白い。
曹操軍が強敵だとは言わないが、結局俺達紫苑軍の敵は、その他全てなのだから。
前方からERROR軍、そして後方から曹操軍、おそらくこのチャンスは逃さないだろうしゃにゃ軍も含めて、全て同じ敵だと考えたら、それは強敵だ。
 紫陽花「前方に敵影、人型発進お願いします。」
 アライヴ「今日は早いね。もしかしてこっちに攻めてこようとしてた?」
 紫苑「曹操軍がこちらに攻めてくる事を知っていたのは、俺達だけではないって事だな。(^-^)v」
なるほど。
そしていつもよりも戦力が大きい気がする。
ERROR軍と曹操軍が繋がっていても、なんら不思議はない。
 アライヴ「アライヴいきまーっすw」
 紫陽花「w」
なんだかテンションが上がってきた。
戦闘は、いつもよりも調子が良かった。
 アライヴ「5機目!」
 チョビ「3き~」
 みゆき「まだ1機だよぉ~泣」
戦況は良かった。
なんとなくだけど、相手は戸惑っているような感じに見えた。
もしかしたら、紫苑軍は今日攻めてこないとでも思っていたのだろうか。
確かに俺が指揮官だったら、きっと曹操軍防衛に動いていたから、ERROR軍を攻める事もなかったけどね。
流石紫苑さんだ。
きっとERROR軍が攻めてくる事も分かっていたのだろうなと思った。
しばらく優位な戦いを続けていると、イゼルローンのてけとーさんから通信が入った。
 てけとー「なんだかしゃにゃ軍の動きもおかしいぞwこっちの領域のすぐそばに、ほぼ全軍集めてるんじゃね?」
思ったとおり、このチャンスを逃しはしないか。
 紫苑「オッケーオッケー(^0^)てけとーはイゼルローンだけよろw星、真面目に戦わなくて良いから、適当に足止めしてきてw」
 スピードスター「♪」
これで結局、一番恐れていた状況になったって事か。
曹操軍への対応を、もう少ししっかりしていたら、地球からサラ部隊だけでも引き揚げてきていれば、何処も失わずに済んだかもしれない。
でも今の状況だと、曹操軍としゃにゃ軍には負ける。
ERROR軍に今日勝つ意味はあるのだろうかとも考えたが、楽しいから良いかと気持ちを切り替えて敵を倒しまくった。
戦闘開始から1時間が過ぎた頃、しゃにゃ軍の侵攻も始まった。
曹操軍とレイズナーさんは既に交戦中だ。
我々は戦力を分散されて、一見負けているように見えるが、これが作戦どおりというか、紫苑さんの指示だから問題ないのだろう。
それにしてもERROR軍、今日は本気だ。
この戦力は、ほぼ全ての戦力をこちらに向けているとしか思えない。
だがこれはありがたいかもしれない。
この戦いで勝利すれば、ERROR軍は屠ったも同然だ。
紫苑さんの言っていたとおり、今日明日で、ERROR軍に勝利できる。
と言っても、マップ右上ブロックのERROR軍だけど。
それでも戦力のほとんどは削れるわけだ。
あれ?という事は、紫苑さんはこの展開をやはり読んでいた?
紫苑さんは流石だなと思ったり、さっきはもっと良い方法があったのではと思ったり、そしてまた凄いなと思ったり、俺も忙しいな。
まあでも、ただ言える事は、俺は紫苑さんを信じるって決めている事。
これさえ間違えなければ、なからず優勝争いできると確信した。
更に1時間が過ぎた頃、とうとう曹操軍に、要塞を1つ落とされた。
 アライヴ「もう落とされたか・・・」
 紫苑「いや、思ったよりレイズナー頑張ってるなwこの調子なら、カテーナは大丈夫かも(^-^)」
俺は落とされるのが早いと思ったけれど、紫苑さんは思ったより遅かったというのか。
これは、良い感じだと思って良いのだよな?
目の前の戦闘も勝っているし、しゃにゃ軍の侵攻にも星さんが対応している。
チラッと美菜斗の名前が頭をよぎった。
何か嫌な予感がした。
そう思った時、情報告知スペースに、美菜斗の文字を見つけた。
「美菜斗軍が、クマクマ軍を吸収。クマクマ軍は消滅した。」
あ、そうか。
この手があったか。
俺は美菜斗さんの台頭を確信した。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト