★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

ジークの逆襲

パープルフラワーが去った後、俺は急いで要塞をでた。
一応外にいた敵の人型は片付けてくれていたようで、全力で帰還に専念する事ができた。
なんとか有人要塞ネコミミまで帰ってきたが、どうやら戦場は別の場所に変わったようだ。
 紫苑「最初のルートだと、狙いはネコミミだと思ったけど、どうやら旧曹操軍領域方面みたいw(^0^)」
簡単に言ってくれるが、人型でそんなところまで行けるわけがない。
かといって、行かないわけにもいかない。
俺が行かなくても、こちらの領内ならそう簡単には負けないと思うが、敵は美菜斗さんだ。
俺は超久しぶりに、自分の艦船ノレンを出港させる事にした。
ゲーム終了まで、もう使う事はないと思っていた艦船。
それでも一応メンテナンスもしているし、それなりの能力もある。
逃げる能力だけど。
俺はノレンに着艦した。
するとまた、紫苑さんから通信が入る。
 紫苑「悪い!こっちは大丈夫そうだから、サイファ軍の有人要塞メロンぱんに援軍に行けないか?本命はサイファ軍みたいだ。(^0^)」
なるほど。
ジークとダイユウサク軍の戦いを見て、我々紫苑軍にけん制をかけて、サイファ軍を撃つ作戦か。
今日は土曜日でもないし、時間もそれほどはないけど、重要な拠点を取るか、もしくは有利な状況で、大きな打撃を与えられればってところか。
俺が取り残された事は、どうやらサイファ軍には吉だったようだ。
此処からなら、メロンぱんの方が近いし。
 アライヴ「ノレン発進!(笑)援軍了解~」
 紫苑「(^0^)/」
俺はピクニックにでも行くようなウキウキ気分で、サイファ軍領域へと向かった。

有人要塞メロンぱんにつくと、戦場は十分に温まっていた。
これならいつ参戦しても、問題無くスムーズに入っていけるだろう。
なんて冗談を頭に思い浮かべならが、俺はサイファさんに通信をいれる。
 アライヴ「援軍にきました。えっと、状況はどうですか?何すれば良いですか?」
全然スムーズには、入っていけなかった。
 サイファ「ありがとうございます。今日子さんをサポートしつつ、カニさんと共に敵をひっかきまわしてください。」
 アライヴ「了解~」
とりあえず今日子さんと一緒に、美菜斗軍を叩けばいいやと思って、俺はノレンをNPC艦長に任せて、テンダネスで発進した。
そして直後、サイファさんの言葉の重要性に気がつく。
 一生「え?カニさんって、アイドルのしゃこたんじゃねぇかよ!」
どうやら今日は、しゃこたんは艦船を操っているようだ。
とりあえず合流し、通信する。
 アライヴ「どもw援軍にきましたw」
 今日子「おおwありがたい!もう美菜斗軍面倒くさい!」
 キャンサー「よろしくねぇ~wあ、よろしく頼むぜ!(笑)」
今日子さんはどうやら、俺の援軍を心底喜んでくれているようだ。
カニさんは、どうせ通信している人はみんな知っているのだから、男にならなくても良いわけだけど、まあそのまま喋られると照れるし、男の方が良いかも、なんて思った。 
カニさんが敵の真ん中へ突っ込んで行く。
なかなか大胆な行動を取る人だ。
それに気を取られる人型を、俺と今日子さんで狙い撃ちだ。
更にそのまま、敵艦船の背後に取りつく。
この人、人型で出ていた時は、ただのアイドルだと思っていたけど、艦船での戦闘は、なかなかどうして素晴らしい。
前作の宇宙の絆では、前線で戦っていた人なんだよな。
これくらいできて当然か。
数では完全に負けているサイファ軍だけど、コレは勝てると思った。

楽しい戦いをしばらく続けていた。
すると、急に敵が、撤退行動を開始した。
 アライヴ「どうしたんでしょう?」
まだまだ数では圧倒的に敵が有利だし、撤退するには早すぎる。
実際こちらの要塞には、既に侵入も許しているし、勝負はどちらにころんでもおかしくない状況だった。
撤退の答えは、すぐにサイファさんからつげられた。
 サイファ「どうやらジーク軍とダイユウサク軍が、美菜斗軍領域に侵攻しているみたいよ。ジークめ、憎たらしい事しやがるなw」
撤退の答えは分かったが、何故ジーク軍とダイユウサク軍が、一緒になって?
さっきまで戦っていたのではないのか?
 サイファ「ジークから通信が入ったw借りは返したぞ!だってさ。最初からダイユウサク軍と共謀していたみたいね。」
どういう流れでそうなったか、今の俺達には予想する事しかできない。
予想でしかないが、これは最初から仕組まれた事ではなかったように思う。
偶々の状況の中で、ダイユウサク軍がジーク軍にコロニーをプレゼントした?
ま、今考えても仕方がない。
今どういう対応をとるかだ。
 アライヴ「どうします?」
 サイファ「カニさんのキャンサーに乗って、今日子さんと一緒に追撃してもらっていいですか?」
願ってもない。
しゃこたんと一緒に戦えて、しかも追撃だなんて。
俺は、自分の艦船ノレンの事はすっかり忘れて、美菜斗軍を追撃した。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト