★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

初めての地上戦

同盟相手探しは難航した。
地球の軍としては、宇宙の有力勢力との同盟はやぶさかではない。
しかし、自軍領に入れて、地球用パーツを買いあさられるのは、後にデメリットとなる可能性もある。
相当信用できないと、なかなか同盟なぞできない。
同盟には、期間や条件で設定できるが、たとえば3カ月同盟して、その間にアイテムを買いあさられ、その後敵になるとも限らない。
だから、条件が絶対有利でないとなかなか同盟できないわけだ。
メリットを考えた時、有力勢力との同盟は魅力だけど、デメリットも同じなのだ。
だから同盟は、地球に領土を持つ軍は、同じく地球に領土を持つ軍とするか、或いは、地球用パーツを手に入れる術を、既にもっている軍とする事が暗黙の了解になっていた。
そんな中、あっさり地球に領土を持つ軍と同盟できたのは、やはりこの人の力だった。
 サイファ「では、我々でこのゲーム勝ちましょう。」
 グリード「これだけの面子が集まれば、今度こそはやれそうだな。」
 紫苑「ですな。(^0^)/」
サイファさんとグリードさんは、前作から強い信頼関係を持ち、共に戦ってきた間柄だ。
最後には、グリードさんは負けて、その後サイファ軍に所属し、ある意味上官と部下の関係であった事もある。
リアル年齢的には、グリードさんの方がかなり年上らしいが。
それでもこのゲームの最初、グリードさんはサイファ軍に所属する事を望んでいたようだ。
しかしサイファさんが断って、別の軍の方が今回の場合良いかもしれないと、地球でのプレイを提言していたようだ。
結果、それが今正しかった事を証明されたわけだ。
ちなみに、紫苑さんも、グリードさんとは面識がある。
前作の打ち上げで、少しだけ言葉を交わした程度だけれど。
前作では、グリード軍との同盟を断っていたのに、今回了承してもらえたのは、面識があった事が大きい。
そして、今回協力関係を一番安易にしたのが、今回のゲームの賞金が、勝った軍だけに配布されるわけではないって事だ。
この3軍が最後まで残っていたら、おそらくその後負けても、それなりのお金が貰える事が予想できたから。
 サイファ「同盟期間はとりあえず3カ月、その後も最後まで敵対しない事。そして3カ月はグリード軍が地球で勢力を伸ばす手伝いをする事。って事で良いですね。」
 紫苑「(^0^)/」
 グリード「現在拠点が3だから、目標としては、10はよろしく。」
拠点数10となると、現在の3倍以上だ。
しかし、この面子なら、10なんておそらく1週間で可能だろう。
俺としては、目標100だ。
100でも地球の拠点の総数からすれば、1/30だ。
全くもって足りないくらいだ。
宇宙は、その更に3倍以上あるんだけどね。

さて、同盟した瞬間から、俺たちは忙しかった。
まずはしばらく主力が本拠地を開ける事になる。
レイズナー大佐だけでは、かなり不安だ。
光合成さんと一緒に、今までも近隣の弱小勢力と小競り合いを繰り返し、とりあえず勝ってきてはいるが、これからは最前線もカバーしてもらわなければならない。
誰かを残せばとも思ったが、紫苑さんはこの3カ月を、勝負の分かれ目になるかもしれない3カ月、なんて言っていた。
だからまあ、壁さんとてけとーさんふたりに、スクランブルを要請したようだ。
そして、もうひとり・・・あの人も・・・。
まあそんなわけで、主力は皆、グリードさんの拠点、「ジャングル」に来ていた。
戦闘時間までに、戦闘準備を整えなければならない。
そして時間になれば、ココから他の拠点に攻め込む事になる。
あえてココからと言ったのは、宇宙から降下して拠点攻略するわけではないって事。
グリードさんの話しによると、宇宙から降下して拠点を攻めるのは、かなり難しいらしい事が分かった。
降下中、しばらくはただの的になりえるし、人型での大気圏突入は更に危険だって事。
大気圏用機も、地球では存在するし、それを手に入れていけばその場はしのげるだろうが、降下してからは能力の持ち腐れだ。
これがまあ、地球に拠点を持つ有利な部分で、その有利さは半端ではない事を改めて理解した。
時間になると、俺たち紫苑軍はもちろん、グリード軍、そしてサイファ軍が隣国に行軍を始めた。
 グリード「みんなありがとう。これだけの面子がそろって負ける事はまずありえないから、危ない場合は無理せずいこう!」
グリードさんは、もちろんこの3カ月は総大将だ。
実力からすれば、紫苑さんやサイファさんの方が上だろうが、地球に関しては一日の長がある。
俺だって、地球用の人型で、陸戦するのは初めてだ。
今日から始まる地上戦。
ウィングをつけて戦えば、宇宙とあまり変わらない感覚で戦えるらしいが、飛行と宇宙空間では、大きく違う部分がある。
それは、推進力が必要だから、飛び続けなければならない事。
宇宙空間なら、突然の方向転換も比較的簡単だけど、飛行だとそうはいかない。
ウィングをつけずに、強力な火力で飛行する場合は、尚宇宙空間と変わらず戦闘できるが、燃料が多く必要で、戦闘時間が短くなったり、やはり上下関係や重力を意識しなければならず、同じようには戦えない。
ただ、やはり似ている部分もあるし、せっかくだから、この3カ月は地球特有の戦い方をマスターしようと思っていた。
俺は、テンダネスを地球戦闘用にカスタマイズした機体で出る。
武器はフェンネルと、ビームライフル、ビームソード、ビームバルカンと、全てビーム系。
フェンネルには小さな羽がついて、地球用に改良されている。
停止しての維持、攻撃が不可能で、これは今後研究改良が必要だと思った。
 紫苑「まず、星が中央突破、撹乱してくれ。」
 スピードスター「♪」
 紫苑「そこを紫陽花と小麗で攻撃、俺とじぇにぃとハルヒでサポートする。」
 紫陽花「了解w」
少し疑問に思った。
何故か紫苑さんが指揮して、俺たちだけで攻撃するのか。
 アライヴ「あれ?サイファさんとこ、今日子さんも出ないの?」
 紫苑「まずは俺たちだけでやらせてもらう。この3カ月は、損失を出してでも、得なければならないものがあるからね。」
まあそういう事だよね。
地球での戦闘になれる事と、地球用パーツを得る事。
この2つの為に、あえて貧乏くじを引く事は必要なのだろう。
 アライヴ「なるほど。では行きますか。」
 紫苑「(^0^)/go!」
俺たちは最前線で戦闘を開始した。
まずは星さんが、艦船スピードスターに暗黒天国の人型ボスを乗っけて、高速移動しつつ、大火力の攻撃をあびせながら敵を突っ切る。
星さんの艦船は、地球仕様にしてもやはり高速移動型だ。
武器に火力はなく、重視するのは移動だけ。
そこにもってこいなのが、暗黒天国のボスってわけだ。
これで超高速移動できて、破壊力のある戦艦の出来上がりだ。
この作戦は、我々紫苑軍の定番の戦い方になっていた。
敵は回避するので手いっぱいだ。
ただ、宇宙と違って上下が有るし、障害物も多く、宇宙戦ほどの効果は得られなかった。
 サラ「では行くわよ~」
 おとめ「重力あっても、バトルグリードでなれてるし、私たちはむしろこっちの方が得意よ♪」
 サウス「俺はもう宇宙の方が地形効果得られるけどな。」
小麗の艦船、月天から、それぞれレッドストーン、マイヒメ、サウスドラゴンが出撃した。
 アライヴ「ではこっちもいくぞ!」
 チョビ「わかった~」
 みゆき「は~いv」
紫陽花さんの艦船、パープルフラワーから、俺たち3機も出撃した。
出撃した途端、機体は重力をうけて、落下を始める。
ブーストしながら、敵の砲撃を回避しつつ、良さそうな着地点を探った。
チョビは盾で攻撃を回避しつつ、拡散ビーム砲で敵を退ける。
みゆきちゃんは、チョビに守られながら、安全に着地できそうだ。
俺はなんとか攻撃を受ける事なく、地面へと到達した。
これがもし宇宙からの大気圏突入だったら、もっと長い時間敵の攻撃にさらされ、更には動きも自由がきかないかと思うと、かなりきつい事は十二分に理解できた。
ともかく3機とも安全に着地ができた。
ちなみにNPCキャラは、艦船上で守備についている。
俺たちが陸戦を求めても、空で艦船を狙う機体はやはりいるのだから。
まあ艦船は紫陽花さんと小麗さんだし、なんとかなるとは思うけど。
紫苑さんたちもサポートしてるわけだし。
 紫苑「敵はどうやら、これだけの侵攻を予想できていなかったみたいだ。NPCがほとんどで、プレイヤは3人確認。」
紫苑さんは既に索敵を完了したようで、情報が皆に伝えられる。
 紫苑「プレイヤは拠点に2機、1機は突っ込んでくるぞ。」
 紫陽花「ではそれぞれ1機担当ねw」
 サラ「楽勝できそうね。」
確かに数では楽勝だったはずだった。
しかし・・・
サラさん達は言葉どおりの楽勝で、敵本拠地を制圧しようと侵攻している。
しかし他は、初の地上戦に苦戦していた。
紫苑さんのところのじぇにぃは、バトルグリードでも好成績を残しているプレイヤだから、本気でやれば楽勝だったかもしれないが、どうやら紫苑さんの指示でハルヒくんの援護に回っている。
美夏さんは、今日はこっそりスピードスターに搭乗しており、今頃は拠点の向こう側で息をひそめているはずだ。
敵が全てこちらに来た場合、背後をつくか、抜け殻の拠点を軽くいただく寸法だ。
そして俺たちは・・・皆地上戦は素人。
俺もようやく宇宙で乗りこなせるようになったテンダネスだし、みゆきちゃんは戦闘自体が最近は少ない。
後はチョビだけど、宇宙でも地球でも変わらない戦い方だけど、どちらかと言うと、攻めには向いていない。
プレイヤひとりと、10機ほどのNPCとこう着状態だった。
出し惜しみできる状態ではないので、俺はフェンネルを使った。
拡散ビーム砲の餌食にならないように、かなりチョビから離れてから使った。
チョビの背中は、今はみゆきちゃんに任せてある。
おそらく背後をとられる事はないだろうけど、油断は禁物だ。
フェンネルは、宇宙よりも自由がきかず、発射タイミングがかぎられている。
移動ルートも特定されるようで、数機がすぐに落とされた。
 一生「地上でフェンネルつかえねぇ~」
空中での静止と、移動方向に自在性が無い状態では、フェンネルはきつい事が改めて感じられた。
 一生「しかし!」
しかし、一応けん制にはなるので、こちらの攻撃も、今までよりも当たるようになってきた。
まあ基本は同じだって事だ。
フェンネルを警戒しているなら、フェンネル攻撃の回避に合わせて攻撃するし、逆なら自分がけん制を入れてフェンネルで当てる。
ただ、チョビと協力して戦う事は、フェンネルありきじゃ無理そうだった。
敵プレイヤとの戦いは、最初から最後まで、結局ずっと苦戦してしまった。
フェンネルも全て落とされ、逃げ回った先にチョビがいて、チョビの拡散ビームに助けられ、かろうじてみゆきちゃんがとどめをさした。
時計の針も23時になろうとしていて、チョビの参加できる時間も終わろうとしていた。
拠点はあっさりと美夏さんが落として、初めての地上戦が終わった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト