★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

仕様変更

今日は、運営から重大な発表があった。
と言っても、以前から話が出ていた事だったので、大した驚きは無かったが、この事についてもう一度みんなで話し合いをしなければならない。
重大な発表と言うのは、ゲームの仕様変更の一つ。
ゲームと言うのは、仕様変更や、新たな機能が徐々につけられたりする。
理由は、ずっと同じだとゲームに飽きたり、プレイヤの成長に応じて調整が必要だからだ。
だけど、俺は仕様変更があまり好きではない。
それによってゲームバランスが崩れると、一々戦略や戦術を見直さなければならなくなるし、最悪、力の上下関係まで変わってしまう。
たとえば、フェンネルという武器がある。
これを、使う人が少なくて楽しめないからといって、もっと簡単に使えるように仕様変更されたりすると、俺の今までの努力が無駄になる事は確実だ。
もちろんそんな変更は無いと信じたい。
だけど現に、俺は仕様変更でネットゲームを辞めた事が多くて、仕様変更の発表があるたびに、俺は不安になった。
さて、今回の仕様変更だが、特にゲームバランスが崩れるものではない。
理由は、既に利用している人は利用しており、それがゲームの正式な機能として、導入されただけだからだ。
スカエポと言う、ネット上で複数の人が回線を繋ぎ会話ができる、ネット通話システムが今回の新機能。
ゲームバランスは崩れないし、より便利になる訳だから良いわけだが、今回わざわざ話し合いをしなければならないのには理由があった。
理由の一つは、正式な機能以外は使わないという人がいて、コレを期に使う事にするのかって事。
もう一つは、喋った事を文字に変換したり、色々と細かく設定できるようになったので、使うなら全ての指揮系統の再編も必要になる事だった。
ちなみに、我が紫苑軍は、軍としてスカエポは使用していなかった。
一部の人が、仲の良い人同士、使ったりしているとは聞いている。
でもそれだけだった。
外部チャットシステムも、紫苑さんが、サイファさんなんかとチャットする為に、IRCを使っているような話は聞いたが、積極的には使っていなかった。
つまり我が軍は、基本ゲームシステム内で、ほとんどやり取りをしていたってわけだ。
 アライヴ「スカエポ、結構使えそうな感じだね。」
俺は紫苑さん達と話をしていた。
実は俺は、今回の仕様変更によるスカエポ導入は、かなり有りがたい。
人型乗りってのは、戦闘中はかなり大変で、チャットしている余裕がないからだ。
でも、声で相手とやり取りできるなら、戦闘中でも作戦行動がやりやすくなるってわけだ。
 紫苑「ん~悩む。(@_@)」
紫苑さんは、実はスカエポ反対派だ。
ネットの良さは、喋らなくて良いところだとか言う人だし、ギリギリの戦闘時は、通信が混乱して、チャットの方が良いと考えていた。
ちなみに、前作とは違い、通信の傍受、盗聴、通信記録の奪取など、通信が相手に漏れるような仕様は廃止されていた。
理由は、外部チャットなどを使う人が多く、意味を持たないから。
だから、スカエポを使うメリットは「手が離せない時にでも簡単に連絡できる」その一点だけだった。
一方、スカエポのデメリットも話しておくと、「連絡が簡単にできてしまう事による、情報過多の混乱」と「喋る事の恥ずかしさ」となるのかもしれない。
 じぇにぃ「ぁれぇ~?ゎたしのぉ~がめん、スカエポつかぇなぃよぉ~?」
 アライヴ「あ、それ、バリューネットブラウザ、バージョンアップしてないからだよ。一度ブラウザ再起動してみなw」
銀河バリューネットのサービスシステムは、普通のサイトとは若干異なる進化を遂げていた。
だから、現在のシステムも、他とは微妙に異なる。
現在のネットゲームの主流は、ブラウザゲーム、通称ブラゲーである。
利点は、インストール不要な事だ。
ただし、ブラゲーは複雑なゲームには向かない。
理由は此処では割愛するが、そういった理由で、銀河ネットバリューのサービスをサポートできないのだ。
だから元々は、ソフトをダウンロードし、バージョンアップの度にバッチプログラムをあてて、更新するという作業が必要だった。
しかしそれは、それなりにPC知識のある人なら全く問題ないが、素人には難しく、ユーザーの伸び悩みに繋がっていた。
そこで出てきたのが、銀河ネットバリューサイト専用の、独自ブラウザだった。
このブラウザは、普通にブラウザとして使っても使いやすく、コレ自体がゲームプログラムになっているすぐれものだった。
バージョンアップ更新を自動にしていれば、インストールしておけば、後は何も問題無かった。
ただし、バージョンアップの更新は、主ブラウザを立ち上げた時と、18時から19時前にチェックが行われるので、ずっとブラウザを開いたままだと更新されない。
よって、更新が必要な時は、一度ブラウザを閉じる必要があった。
 じぇにぃ「ただぃま~でてきたよぉ~」
 アライヴ「良かったね!」
じぇにぃと話していると、少し癒される。
子供の相手をしていると癒されるのは、人間の本能だから当然と言えば当然か。
と言っても、中学生だからそれほど子供でもないのだけどね。
さて、スカエポをどう扱うか、議論は一向にまとまらなかった。
マイクとイヤホンを持っていない人に関しては、もちろん無理に使用を強制する事はない。
使いたい人同士で、喋りながらやるのも別にかまわない。
問題は、紫苑さんが指揮する作戦行動中、どうするかって事で意見が別れていた。
ただし、通話という意味では、夜遅い時間に大きな声を出せないとか、喋りたくない人もいるので、無理強いはできない。
全ては、スカエポの導入にあたってつけられた、新しい機能が問題だった。
それは、喋った音声データを文字データに変えて、チャット文字として自動的に書き込みができる機能だった。
 紫苑「ためしにやってます」
 アライヴ「もじになりますねー」
 スピードスター「おんぷ」
これは確かに便利である。
だけど、ただでさえ情報過多でチャットスペースが少ないのに、喋りやすくなったからと言って沢山やり取りすると、すぐに情報が流れていって、把握できない。
紫苑さんの命令もすぐに流れては、まとまった作戦行動ができなくなる。
でも、人型乗りとしては、スカエポで伝えられるなら伝えたい。
話し合いでは結局まとまらず、一度試してみるって事で、話し合いは終わった。
今日の戦闘は、スカエポを使いたい人は使って、音声ではなく、文字変換してチャット画面に流す機能を使う事になった。
 紫苑「あじさいとほしはきょてんひだりからしんこう これいはみぎからでおねがいします」
 紫陽花「りょうかい」
 スピードスター「おんぷ」
 小麗「しゃおれいだよ」
 アライヴ「そろそろでるよ」
 じぇにぃ「わたしも」
 ハルヒ「おれもでていいのかな」
 紫苑「ひとがたもそれぞれのたいみんぐでしゅつげきよろ しく」
 サラ「りょうかい」
 じぇにぃ「もうでちゃってるよ」
 アライヴ「あ ごめん しゃべりすぎ」
 スピードスター「だめだ よめん」
他にも多くの文字が、チャット画面を埋め尽くした。
試してみるとハッキリした。
これは使えない。
紫苑さんは、全ての人からくる情報を受けているわけで、俺よりもチャット画面がいっぱだろう。
この流れだと、命令を見逃すだろうし、ひらがなばかりで読みづらく、なんと言っても味気なかった。
結局スカエポは、その時の作戦によって、紫苑さんの判断で、必要な人だけ使うって事で決着がついた。
レイズナーさんの指揮している人達は、もちろんレイズナーさんに任せる事になった。
ただ、今回スカエポの導入で、軍のやり方について行けないと言って抜けた人が、3人いた事は、紫苑軍にとっては痛手だった。
やはり仕様変更ってのは、あまり良い物ではないなと、改めて思った。
あ、一応今回の戦闘は、我が軍の大勝利でした。
多少指揮系統が混乱しても、強い人が集まっているから、強い事に変わりはないからね。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト