★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

今結ばれる絆

サイファさんの艦船、補給できないじゃまいか!から放たれた波動砲は、敵艦船の多くを破壊した。
流石にバリアしていた艦船を完全破壊する事は出来なかったが、戦闘不能状態にはなっていた。
この様子だと、破壊された艦船のプレイヤは、脱出すらできなかっただろう。
ちなみにプレイヤキル、PKのペナルティは、人型でのみの適用である。
要塞を占拠する事と、艦船の破壊が戦闘の目的なのに、それができなくなってしまうから当然だ。
とにかく、状況を一変とまではいかなかったが、まだなんとか戦える最低限の戦果は得られたようだ。
俺達は再び、我慢比べの戦いを続ける事となった。

サイファさんから、作戦の提案があった。
次の波動砲で、敵の壁に穴をあけ、そこを突破し、敵の背後を突く、又はジークを助けに行くってものだった。
サイファさんは、何故だかジークを助ける事にノリノリだ。
前作からのライバルで、助けてやったらどんな顔をするのか見てみたい、だそうだ。
ま、ネットだから顔なんて見えないわけだが、そこは何を意味しているのか察して欲しい。
俺達はその作戦を採用し、順番に補給を行っていた。
じぇにぃ、ハルヒくん、暗黒天国さん、そして紫苑さんのパープルアイズ、スピードスターも万全にした。
最後はチョビ。
チョビは、現在のこう着状態を維持している要だ。
もしかしたら、チョビが補給に行ったタイミングで、敵が攻撃を強めてくるかもしれない。
そこで一気に艦船を前にだしてくるかもしれない。
美菜斗さんにしてみれば、現状維持で十分だから、リスクを負う戦術はとらないと思うけど、一応警戒して、チョビがいなくても前線で敵をけん制し続けた。
結局、特に戦術を変えてくる事もなく、とりあえず現状維持には成功したが、此処で問題が起こった。
敵の要塞戦艦が、場所を移動し、艦船の壁のすぐ向こう側に来ていた。
今までは端に位置し、ジーク側とこちら側、両方をカバーする形をとっていたのに。
艦船補給はこちらだけで良くなったからだが、全てが後手の状況にジレンマを感じた。
作戦成功の可能性は、これでほぼ皆無ではあるが、どちらにしても波動砲の攻撃はする事になる。
俺達はどうするか話し合っていた。
と言っても、人型に乗っている俺が、話に入る余裕は全く無かったが。
 紫苑「一か八か、やるしかないか。」
 サイファ「失敗すると、みんなで敗走する事になりますよ。」
 紫陽花「でも、このままの状況を続けたら、ジーク軍はからなず終わりますよ。」
 真でれら「一応撤退準備は万全にして、やるしかないっしょ!」
美菜斗軍の人型は、既にジーク側の空域には、姿は見えない。
既に要塞内での戦いに突入しているって事だ。
此処の要塞は、確か防御力が高いから、そうそう拠点エリアまでは到達できないだろうが、このままいけば、必ず落とされるだろう。
そしてその前に、必ずジークがやられているわけだ。
次の機を逃したら、どちらにしても我々には撤退しかないだろう。
撤退か、逃避か、少し意味合いが変わるだけ。
行くしかないと思った。
その後結局、決行する以外に選択肢は無いって事でまとまっていた。

作戦としては単純である。
あちら側に向かうのに一番最短である左端に波動砲を打ち込む。
スピードスターに暗黒天国さんのボスを先頭に、チョビ、俺、じぇにぃ、ハルヒ、その他数人を乗せて、穴の開いたところを一気に突破。
突破できたら、スピードスターとボスは艦船の背後を襲い、他の人型は要塞へ向かう。
問題は、索敵できない死角に、敵艦船が潜んでいる可能性がある事と、要塞戦艦の能力がどれほどのものか知らない事だ。
ま、もちろん艦船をまだ隠していると考える方が普通だし、今要塞戦艦とまともに戦うのは、無理だろうけどね。
もう俺達には、わずかな可能性にかけるしかなかった。
作戦はスタートした。
補給できないじゃまいか!から、波動砲が撃たれる。
すると敵の艦船による防衛ラインに穴が開いた。
スピードスターが高速でその穴に向かう。
紫苑さんのパープルアイズや、他の友軍艦船は援護射撃。
紫陽花さんのパープルリリーは、既にこの領域を去っていた。
失敗したら即撤退なわけだが、パープルリリーで撤退は不可能だからだ。
そうなったら、誰も安全とは言えないけどね。
追撃されれば、みんなどうなるかわからない。
此処は敵軍領域で、我々の帰るべき場所は、遥か宇宙の彼方なのだから。
美菜斗軍は、すぐに対応に動いていた。
流石に簡単には突破させてはくれない。
沢山のビームとミサイルが襲ってくる。
それを、スピードスターの弾幕と、ボスの攻撃で撃ち落とす。
前の見えない光の中を突き進む光景は、なんだか幻想的だ。
星さんと暗黒天国さんは、いつもこんな戦いをしていたのか。
これはこれで楽しそうだなと思った。

一縷の望みを託した作戦は、成功を目前としていた。
この調子なら突破できる。
誰もがそう思ったかもしれない。
だが、やはりそれほど甘くはなかったようだ。
壁を埋めるべく、何処からともなく敵の艦船が集まってきていた。
やはり、死角に艦船を隠していたか。
それともただ単に上手くやられたのか。
今の俺には知るすべが無かった。
今、星さんがどうするか、急ぎ紫苑さんと話していた。
 スピードスター「突進する?俺死ぬけど♪」
 紫苑「それでも他が突破できればねぇ。」
 スピードスター「暗黒天国も死ぬな♪」
 紫苑「いろんな意味でイタイな(^0^)」
追い詰められているとは思えない、軽い会話だった。
だからだろうか、何とかなるような気がした。
 紫苑「ちょっとまって、通信がw」
一体誰だろう?
今、我が軍の上層部と、サイファ軍上層部のメンバーは、メンバー指定通信をしている。
この中のメンバーなら、何かあればチャット画面に表示されるはずだ。
すなわち、紫苑軍でも、サイファ軍でもない人から、通信が入った事になる。
美菜斗さんだろうか?
それともジークか?
その答えはすぐに分かった。
 紫苑「回線に入れます(^0^)」
回線に入れるという事は、おそらく味方だろうが、俺達に味方などいただろうか?
紫苑さんの通信の後、すぐに表示された通信と、発信者の名前。
俺は見て驚いた。
 ドリーム「やっほーw仲間に入れて!」
なんと、ダイユウサク軍の夢さんだった。
そしてすぐに、索敵マップにダイユウサク軍の艦船の機影が表示されていた。
助けにきてくれたのか。
俺達の選択肢に、撤退と逃避以外の選択肢が、再び輝きを増していた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト