★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

勝負

ダイユウサク軍の面々が、敵を突破してきた。
戦力の数だけで言えば、俺達よりも少ないダイユウサク軍なのに、それでも突破してきたのは、やはり力の差を認めざるを得ない。
でも、軍の能力で負けていても、個人的に負けたと思うのは癪だ。
此処からは条件は五分。
必ず俺が1番に突破してやる。
とは言っても、接近するのに、チョビの力を借りている事は内緒だ。
艦船には、ある程度までは近づく事ができる。
だが、艦船を抜ける時に挟み撃ちに合うので、どうしても此処だけが抜けられない。
 ドリーム「アライヴさん、人型だけで突破しようなんて、無茶するねw」
俺達に追いついてきた夢さんが、通信をいれてきた。
俺は通信する余裕がなく、仕方なくスカエポの音声変換機能で話す。
 アライヴ「まけたくなかったんで」
此処でも、ダイユウサク軍の「要塞戦艦落とすよ~」とか、「はさみ撃ちでおけw」とか、通信が画面を流れていたが、夢さんとの会話に関係ないので割愛してお伝えする。
 ドリーム「じゃあ私も負けたくないから、人型で突破しよw」
 アライヴ「きょうそうだな」
 ドリーム「とはいえ、流石に接近するまでは、誰かに協力を願いたいね。チリ!よろしく!」
 チサト「おっけぇ~だよぉ~」
こうして、なんとなく夢さんと競争する事になってしまった。

人が集まってきて攻撃が分散したからか、多少余裕も出てきた。
飛んでくるミサイルは、誰かが落としてくれるし、ビームにだけ気をつければ行けそうな気がした。
チラッとモニターの隅に、美菜斗軍の艦船が、体勢を立て直し更に向こう側に壁を作るべく、移動しているのが見えた。
時間がない。
俺は一か八か、突き進んでみようと思った。
これだけのメンバーが集まっている。
きっと誰かが、助けてくれるはずだ。
 アライヴ「チョビ!じぇにぃ!ハルヒくん!戦闘タイム0520丁度に、俺は突撃する。援護頼む!」
画面の隅に、軍が戦闘を開始してから、どれくらいの時間が経過しているかが表示してある。
これを元にタイムを合わせて作戦行動するわけだが、同じ軍でないと時計表示は一致しない。
だから波動砲の時は使えなかったが、今度は正確にタイム指定した。
 チョビ「はい!」
 じぇにぃ「りょぅかぃですぅ~」
 ハルヒ「無茶ですってば!」
みんなの言葉が心強い。
ハルヒくんの言葉の何処が?なんてツッコミは無しだ。
これがハルヒくんなりの最高の返事である事は、今までの戦いで理解していた。
 ドリーム「カズミン!うちらも行くよ!チリ、今日子、大輔、トイキ、援護よろしく!」
 カズミン「はい!」
 チサト「シールドフェンネル使うよぉ~」
 今日子「了解いいいいいい!!!」
 ダイスケ「俺達は普通に後方から援護するよ。」
 トイキ「わかったさ。」
ダイユウサク軍も此処で行くようだ。
チサトさんの通信に「フェンネルシールド」という文字が見えたので俺は気になった。
つい最近導入されたもので、あのアニメでは、シールドビットと呼ばれるものだ。
導入を検討していたので、後で見る事ができれば参考にしよう。
そんな事を考えていたが、0520の数字を見た瞬間、全てを忘れて、俺は敵の中へと向かって行った。
思ったとおり、ミサイルは誰かが撃墜してくれるので、俺は真っすぐ飛んでくるビームにだけ気をつけて突き進んだ。
突破できる。
此処を突破したら、要塞まで一直線。
そしてようやく、俺の得意な対人型戦だ。
艦船に最接近した。
もう一息だ。
正面以外は、爆発の光で眩しい。
そして俺は見事に突破した。
 一生「やった!」
部屋で一人声を上げた。
しかし、まだ、最後の攻撃が俺に向かってきていた。
艦船から後方に撃ちだしたミサイルが、鋭角に向きを変え、艦船前方に進む。
それは俺の前方から、まっすぐ俺に向かってきていた。
盾もない俺に、コレをかわす術は無かった。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト