★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

強敵トゥデイ

今日子の人型トゥデイとの戦闘は困難を極めた。
というか、敵人型を目視する事もできず、ただ足踏み状態を余儀なくされているだけとも言える。
今からチョビを呼ぶにしても時間がかかるし、アブサルートさんの拠点の虎よりも火力のあるトゥデイだ。
チョビの盾も何処まで通用するか。
ダイユウサク軍が、ドリームとカズミンだけでは無い事は理解していたが、正直今度ばかりは鬱陶しい。
強いのではなく、酷いって感じだからだ。
普通に戦って負けるなら納得できるが、こんなのには負けたくない。
俺は自分の人型の装備を確認した。
シールドフェンネルが2機と、フェンネルダガーが2機まだ残っている。
フェンネルも6機残っていた。
よし、一か八か、このフェンネルダガーにかけてみよう。
俺は早速、それぞれの設定の変更作業に入った。
フェンネルは、基本的に自らが操作する事は不可能だ。
だが、フェンネルダガーだけは、両腕の操作をフェンネルダガーに移す事で、操作する事ができる。
それでも、基本はやはりオートマティックなところが多い。
その自動で動く部分を、設定で色々決める事ができる。
今回の設定は、とにかく真っすぐ敵へ突き進むように、フェンネルはとにかくビームを撃ちまくるように、それぞれの座標も調整した。
さて、まずは敵を目視し、敵対象としてロックオンしなければならない。
それは、大量の攻撃が飛んでくる場所へ出るって事だ。
俺は意を決して、通路の真ん中へと飛び出した。
正面にトゥデイが見えた。
ロックオン、と同時に、敵が攻撃を放ってくる。
こちらも瞬時に、タイミングよくシールドフェンネル、フェンネルダガー、フェンネルと発射。
シールドフェンネルの後ろにフェンネルダガー、それを取り囲むようにフェンネルを並べ、フェンネルのビームは撃ち続ける。
そのまま直進だ。
その間俺は、敵の攻撃をかわし続ける。
シールで多少のビームを止め、フェンネルで多くのミサイルを撃ち落とし、此処まで飛んでくるのは約半数と言ったところ。
トゥデイは連続して攻撃してくる。
ギリギリまで腕のコントロールはこちらに残し、ミサイルは撃ち落とす。
なんとか行けそうだ。
そう思ったのもつかの間、思わぬ出来事が起こった。
 一生「処理オチかよ!」
あまりのミサイルやビームの多さに、コンピュータが処理しきれなくて、動きがスローになる。
しかし実際では、動かないのは画面だけで、命中処理などは行われいてる。
もちろん、コントローラーからの操作もだ。
俺は画面からのわずかな状況から、全ての動きを予想して、コントローラーを操作した。
俺のPCは、最新の高性能PCなのに、これで処理オチしているって事は、相手もおそらく処理オチしているはずだ。
この状況さえ凌げれば、勝てる。
俺はまた、無意識の領域へと入っていた。
フェンネルは次々と落とされ、シールドフェンネルも破壊された時、俺は腕のコントロールをフェンネルダガーに移す。
途端に両腕も破壊された。
肉を切らせて骨を断つ、というには、あまりにもダメージは大きかったが、フェンネルダガーはトゥデイへと届いていた。
後は何度も何度も斬りつけて、トゥデイを破壊した。
何とか、トゥデイを倒す事ができた。
が、移動要塞を手に入れる代償に、俺は此処からの戦闘に参加不可能なダメージをくらった。
まさか両腕を失う事になるとは。
よく考えたら、この先ダイユウサク軍を攻め続けて行けば、何処かでドリームが出てくるだろう。
俺がやられたら駄目じゃないか。
そう思ったが、全ては後の祭りだった。
この後、ダイユウサク軍はすぐに、撤退を開始した。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト