★ 

インデックス

 ★
★ 

ネット小説

 ★

適当に書いた小説をアップしていきます♪

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • FREECGI
  • NEW秋華
  • 随筆&詩
  • タイトル
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時13分21秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2013年11月4日【月】19時44分48秒
【(*´∇`*)】川柳と短歌を始めました。
2013年11月4日【月】19時43分21秒
【(*´ω`*)】現在エッセイ&詩以外の更新は休止しています。
2013年1月7日【月】18時48分51秒
【(*´∇`*)】サイトをリニューアルしました。他も徐々に変更中です‥‥
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

移動要塞

ダイユウサク軍との戦いは、最初から紫苑軍有利で進んでいた。
一部の紫苑軍メンバーから、楽勝だの、次はジークだの、楽観的な言葉が聞こえてきていたが、俺はそう簡単にはいかないと確信していた。
案の定、ダイユウサク軍の反撃が始まった。
移動要塞を、戦場のど真ん中へと移動して、尚且つ紫苑軍の艦船群へ突撃させてきた。
常識はずれの作戦だが、効果は大きかった。
バカでかい要塞、回避するのは大変だ。
となると、早いうちに回避行動を取らなければならず、艦船群の戦力が無きにひとしくなる。
更に、回避行動中の艦船を、敵チサトさんのダストが狙い撃つ。
 サラ「どうやらチサトちゃんの作戦みたいね。」
いきなりサラさんからの通信が入った。
 アライヴ「あれ?どうして?」
モニターに、小麗さんの月天が映し出された。
 紫苑「今日は勝負だ。呼び寄せたw(^0^)」
 紫陽花「それにサラさん達は、ダイユウサク軍とやる為に、うちの軍にきたんだしねw」
なるほど、これは心強い。
 おとめ「おーいるいる!ダイスケ勝負だぁ~」
 サウス「じゃあ俺はトイキをやるぜ!」
3人がそれぞれに出撃した。
 小麗「移動要塞面白いv私が止める♪」
小麗さんは、月天の人型全ての出撃を終えると、単機で移動要塞へと向かって行った。
俺は心配もあったが、面白そうなので、小麗さんについて行く事にした。
小麗さんの操舵は華麗だ。
スピードならスピードスターの方が上だし、火力なら紫陽花さんの艦船にはかなわない。
パープルアイズは、今では丸みを帯びた艦船に改良されていて、小回りの利く対応力が売りだ。
それらと比べたら、小麗さんの月天は普通の艦船よりも少し縦長な感じなだけで、特に売りは無さそうだ。
その艦船を、どういったら良いか難しいが、そう「ぶんまわす」ように操る。
前作で、艦隊戦をやっていた時は、旋回する行為は、あまり良いとは言えなかった。
今回ももちろん、後ろから攻撃されているからって、旋回なんてしようものなら、無能者扱いされるだろう。
でも月天さんの動きは、ただ旋回しているわけではない。
かわしながら旋回しているようだった。
小麗さんは、巧く移動要塞の突撃をかわしながら、要塞を攻撃していた。
しかし、このままでは埒が明かないし、要塞の兵器を無力化しても、突撃は止められない。
俺は要塞内に突入し、要塞を奪取する事を思い立った。
これさえ抑えれば、俺達の勝利は確実だ。
ドリームもいない、カズミンもいない、ビューティフルベルさんって指揮官もどうやらいないようだ。
チャンスは逃さない。
俺はただ一人で、要塞の入口へと向かって行った。

要塞内へは、意外と簡単に入る事ができた。
流石にもう守りを固める余裕は無いということか。
俺が要塞を攻略する間に、ドリームやカズミンが助けに来てくれればいいってことなのか。
ダイユウサク軍が、此処にいない人を当てにするような戦い方をするとは思えないが、何かあるなら、進んでいけば分かるだろう。
俺は、要塞内の防衛システムによる攻撃をかわし、破壊しつつ、中を進んでいった。
気がつけば、既に拠点エリアへと到達していた。
此処から先は、迷路である。
後は司令室までたどり着き、特定の操作をするだけだ。
ダイユウサク軍は、本当に打つ手が無かったのだろうか。
拠点エリアにわざわざ人型を置く利点なんて無いし、そう考えるしかない。
俺は一応通信を入れた。
 アライヴ「拠点エリアに突入。未だ敵影無し。要塞奪取はもう少しまってねw」
するとサラさんから、気になる通信が入った。
 サラ「おかしいわねぇ。今日子の姿がないわね。地球側にもいなかったし、どうしたのかしら?」
今日子って言うとアレだ。
うちの暗黒天国さんと同系の人型だけど、それよりも火力重視の、歩く核兵器とも言える人型乗りだ。
あの人がいたら、すぐにわかる。
飛び交うミサイルが一気に倍になるから。
そんな人が戦場にいない?
俺は、地球での戦いをふと思い出した。
あの、グリードさんがやられた拠点サハラ。
今は我が軍のアブサルートさんの人型、拠点の虎。
モニタを見た。
似ている。
あの拠点の内部構造に。
ゲームってのは、多くのデータを扱うので、結構色々なところで使い回しされる。
もし此処の拠点エリアと、地球のサハラの拠点エリアが同一のデータを使い回しているとすれば・・・
俺は咄嗟に進行をストップした。
すると横の通路から、大量のミサイルが壁に当たり、目の前で大きな爆発が起こった。
危機一髪だった。
やはりそういう事か。
司令室の直前で、今日子の人型トゥデイが待ち構えていた。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト